以後囲碁でGo! 13子 悪手で大逆転負け

先日、14級AIの先手と後手に勝利したので、今日から13級AIと対局しているのですが、なかなか手堅くて隙を見せてくれません、というか隙はあるはずですけど、まだまだそれに気付けていません。

そんな中、途中までは勝率90%以上という一局を打つことになります。

やられコレクション Vol.6

<悪手で大逆転負け>


第38手まで 黒:自分 白:13級AI
画像


正直、この一局は勝てると思っていたのですが、
囲碁ソフトの棋譜分析によると、

この自分の39手目と、

黒、4六 分析の最善手は8五
画像


41手目で、

黒、6七 最善手は6五
画像


勝率が、90.39% → 42.56% → 4.08% に激減して、この手以降は再逆転の可能性はなくなってしまいます。

そして終局。自分の負けです。

第56手まで 白の7目半勝ち
画像



この一局の流れを動画でもどうぞ




実を言うと、自動分析が判断した悪手について、今の自分で事前に気付けたかというと残念ながらそこまでの実力はないと思います。だからこそのこの結果ですが…
ただ、この2手の悪手がきっかけとなって、右下にしっかりと2眼作らせてしまいこれが逆転の決定打となっているので、次回は少しでもこの経験を生かしたいところです。

というか、この一局の一番の敗因は、中盤以降で勝つと思っていて気が緩んでしまったことにあると思います。
今後もこういう負け方は幾度となくするでしょうけど、いつか事前に回避できて敵に隙を見せないようにできればと思います。

"以後囲碁でGo! 13子 悪手で大逆転負け" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]