映画 バトルランナーを視聴した

最後に観てから30年近くは経っているSF作品、バトルランナー(1987年)を本当に久しぶりに観ました。
アマゾンプライム(399円)での視聴です。


原作はリチャード・バックマン(スティーブン・キングの別名義)で、本作はアマプラでは字幕版と吹替版の両方があったのですが、主役がアーノルド・シュワルツェネッガーなら玄田哲章さんの声じゃなきゃな! ってことで吹替版のを観ました。


舞台は2017年のアメリカということで、当時は21世紀はすごい未来と考えられていたことがよく分かりますが、その未来未来した2017年もとうに過ぎ去ってしまいましたね。

本作での2017年では世界経済が崩壊してしまっていて、その社会不安に対する徹底的な治安維持のため、警察による独裁政治が行われています。
物資が不足していることによる民衆の不満のはけ口を、過激なTV番組に求めるということが日常的に行われており、
主人公のベン・リチャーズ(アーノルド・シュワルツェネッガー)もまた、不満を募らせる民衆のはけ口として政府に利用されます。

彼は、冤罪による投獄と、脱獄による咎で、「重犯罪人の公開贖罪、処刑、または刑の赦免」を実施する「ランニングマン」というTV番組に強制的に出演させられて、丸腰のランニングマンとして、特定エリア内で、複数の処刑人「ストーカー」の手を逃れながらエリアを脱出することに挑戦させられるのですが、果たして……


という感じのストーリーなんですが、とても面白かったです。シュワちゃんらしさを活かしたアクションたっぷりでした。

それで、本作はSF作品なので、様々な未来予測が行われているのですが、例えば、音声認識で家電を操作することなどは現実でも実現しましたし、本作に出てくるマスコミの「フェイク」加工とその放送も残念ながら見事に実現してしまっています。

ちなみに現実の2019年では、マスコミは必ずしも自国政府の腰巾着ではなく、別の利害によって事実を捻じ曲げた「フェイクニュース」として報道していることが一般的になっているようです。
1987年の当時、ほとんどの人は、21世紀のマスコミは、かつてなく自分の利害だけを追求していて、そのフェイクは、インターネットで民衆によって暴かれる、だなんて予測できなかったと思います。私自身もまさかここまでマスコミが「マスゴミ」と揶揄されるほどの組織に成り果てるとは夢にも思いませんでした。


話を本作に戻すと、
TV番組「ランニングマン」は、かなりゲスい内容ながらも、ショーとしてはとてもよくできていて、個性豊かで残虐な「ストーカー」みたいなのはきちんとキャラが立っているので、もっと現実のTVでもこういう要素をうまく取り入れるべきだと思いましたねw
「ランニングマン」に比べたら、今の日本のTV番組なんてつまらなくてしょうがないですよ。どうせくだらない番組を作るのなら、もっと視聴者が熱狂するような内容にすべきだろうに、と私はつくづく思いました。


セリフ回しはさすがはハリウッド映画で、シュワちゃんが敵に発する発言は皮肉が効いて最高です。アメリカだなーと思いましたw


という感じで本作を星10個満点で評価するなら、

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

となるでしょうか。
本作で一番目立つのは、もちろん主役と悪役のアクションでしょうけど、民衆がマスコミによって左右されまくるのが現代社会に対する警鐘となっていて、単なるフィクションと済ませられない感じなのがポイントですね。
現在は、一部の国を除いて、事象に対する多角的視点をインターネットが与えていますが、もしインターネットまでもが今のマスコミみたいになってしまったとき、我々民衆はどうすべきなのか、どうやって「本当の事実」を知るのかを考えてみるのも必要なことだと改めて思ったりしたのでした。

ボーダーランズ2をプレイ中 その4

PS4でFPSなシューティングアクションゲームをプレイしています。

進捗は少しずつではありますが、

味方のスナイパーとブリーフィングをして、

20190818-1.jpg

敵施設に侵入しつつ、

20190818-2.jpg

大きな怪鳥ボスと戦ったりして、

20190818-3.jpg

メインストーリーを進めています。

このゲームは、人型の敵よりも、虫とか動物系が強い感じがしますね。特に敵がぶしゃーっとかけてくる液を被ってしまうと、ぎゅんぎゅんHPが減ってたちまち窮地に陥ってしまいます。尤も、特定の液等を防ぐシールドはあるので、場面に応じたシールドを付け替えていく感じです。


8月後半にはPS4のアズールレーンも控えてるので(予約購入したw)、早く本作をクリアしたいと思いつつも、とても面白いゲームなので、できるだけサブミッションも楽しみたいと思ったりして、嬉しい葛藤に悩まされています。PSVITAでもPSP版プリンセスクラウンをプレイしているので(面白い)、なかなか1つのゲームだけに集中できない感じではありますが、クリアまで頑張っていくつもりです。



キャプチャーギャラリー

銃のスコープにはターゲットが映り込むという凝りよう
20190818-4.jpg

日本人は思いつかないようなキノコ風のデザイン
20190818-5.jpg








最近聴いた曲










HI! VEVO Vol.165

Miley Cyrus - Slide Away (Audio)


これまでの生活の自覚と、これから変わっていくことへの勇気という感じの曲





クラシック曲を忘れない Vol.65

シチリアーナ


作曲者は不明です。

なお、シチリアーナには、バッハ作曲のものや、



フォーレ作曲のものがあります。












ニコニコ動画のリンク


面白いw




ダーウィン賞




無音ながらも、見応えはある




アクアリウムの作り方



2倍濃い十六茶は本当に濃いw

漫画 転生したらスライムだった件(第12巻まで) を読んでみた

転生系はどれも似たようなもので、かつ、一時的な流行り物に過ぎないと思っていて、これまであまり手を出していなかったのですが、
本作はとても面白かったです。

面白さのポイントは以下となるでしょうか。

・最弱の象徴であるスライムが強い
・ゲーム的な成長要素
・ホワイトな世界
・比較的平和な展開
・魅力あふれるキャラクター(特に魔物側)

ストーリーは、
主人公は、現代の日本では中間管理職として働いていたが、通り魔の襲撃から後輩を守ったことで、代わりに刺殺され、ファンタジーの世界に転生した。
だが、こともあろうに主人公は最弱なスライムとして生まれ変わってしまい、最初は五感すらもないに等しい状況だったが、とあるスキルがもとで、相対した敵(魔物)を取り込んだり、力でねじ伏せて仲間にすることで、行動範囲を広げていく。
そして、彼の元々の面倒見の良い性格によって仲間にした魔物たちに心から信頼されることで、魔物の各種族を平和に従えつつ、領地を少しづつ拡大していく…

というものです。
人気の秘訣は、現代社会の日本に大きく欠けている、主人公や仲間の魔物たちの「ホワイトな」気質や資質、というところでしょうか。
登場人物の中にはブラックな対応を強いたり強いられたりというものもあるのですが、主人公やその周りの魔物たちは、とても温和で正直で勤勉という、支配者も服従者もホワイトな思想で生きています。

それでいて、外部から強大な敵は次々に現れるので、退屈ではないのがまたいいです。そして、新たな敵も、最初は敵対していてもやがて主人公の共同体の運営方針や人柄(スライム柄)を理解して、一旦仲間になると、ホワイトな思想を強化する強力な一員になってくれる、というのが、非常に理想的な世界に思えて、読んでいてとてもいい気分になっていました。


魔物はファンタジーRPGにあるような種族がメインですが、性格付けはかなり丁寧にしっかりとなされていて、それぞれの種族の言動には破綻がなく、納得のいく、説得力のあるものとなっていました。

魔物たちは、狂暴な本性はそのまま残っているにも関わらず、主人公を慕うことで、主人公が見せる平和なビジョンをよく理解してその実現に邁進するのがまたとても小気味よかったです。魔物であっても、話せばわかる、彼らとて平和と安定した生活を欲している、という作品の主張は、現実の社会が本来目指さなければならない目標であることを示唆しているように思いました。


それから、主人公や仲間たちの成長がゲームプレイ的なのも本作の魅力の一つでしょうか。
戦った敵の要素を吸収してそれを今後の行動に活かせるようになるとか、自治領内の技術やアイテムがクラフトによって少しづつ改善されて、やがて他国との交流や交易の中で街が少しずつ賑わいを見せていく、というのはまるでゲームで街をクラフトによって成長させているような体験に近いものがあり、その面白いゲームを自分がプレイしているような不思議な感覚を得ました。


最新刊では、少々大きくなりすぎた主人公の自治領が、外部の新たな強大な敵に目を付けられてしまうことで、風雲急を告げる事態となってしまいますが、主人公とその魔物たちのことだし、きっとなんとかなる(なって欲しい)と期待しつつ、以後の続巻に大きく期待します。

そういえば、本作はアニメにもなっているみたいなので、近いうちに視聴してみるつもりです。こちらもとても期待しています。

今こそ東方Projectの原曲を聴こうZE☆ EX

東方Projectの原曲のリンクを張っていくの番外編です~


東方Projectの楽曲にはファンの方々による数万を超えるとされるアレンジ曲があり、全てを把握している人は誰もいないと思われます。
ですが、YouTube等でアレンジ曲のリスト化をしている方もおられます。

その中で、面白いのが、ポップンミュージック風の絵柄で東方Projectのアレンジを紹介していくという試みをされた方がおられるので、ここで紹介いたします。

【東方】東方アレンジでポップン風【手書き】 By Raglyphさん


この動画シリーズは20作目まであり、その中で数多くの優れた東方アレンジがまとめられてあるので、これまでの東方原曲を聴いてよかったと思われたら、視聴してみてください。


以下、シリーズのうちのいくつかのリンクです。














という感じで、東方Projectの原曲のリンクをメインに張ってみました。
実は途中で気づいたのですが、東方はいい曲だらけなので、とても曲を選べない!w 気に入った曲のリンクを張るとなったらほとんどすべてのリンクを張ることになるんですよねw なので、今回は、かなり端折った感じとなりました。
でも、東方に詳しくない方でも、東方の曲にはどういうものがあるか、どういう曲調のどういうクオリティの曲があるかの概要はつかめたのではないでしょうか。

東方Projectの楽曲は、本来は弾幕シューティングゲームと不可分なものなので、まだゲームが未プレイの方はいつかSteam等でプレイしてみてくださいね☆ そしたら、きっとさらにのめり込めますよ! 今回はこの辺りで。んではでは。

今こそ東方Projectの原曲を聴こうZE☆ その4

東方Projectの原曲のリンクを張っていくの4つめの投稿です~


ダブルスポイラー

取材のテーマ1 あなたの町の怪事件


取材のテーマ4 無間の鐘 ~ Infinite Nightmare



妖精大戦争

いたずらに命をかけて 1・2ボスのテーマ


妖精大戦争~Fairy Wars~ 3ボスのテーマ


ルーズレイン EX道中のテーマ


メイガスナイト EXボス、霧雨 魔理沙のテーマ



東方神霊廟

欲深き霊魂 タイトル画面のテーマ


リジッドパラダイス 3ボス、宮古 芳香のテーマ


デザイアドライブ 4面道中のテーマ


古きユアンシェン 4ボス、霍 青娥のテーマ


聖徳伝説 ~ True Administrator 6ボス、豊聡耳 神子のテーマ


佐渡のニッ岩 EXボス、二ッ岩 マミゾウのテーマ



東方輝針城

ミストレイク 1面道中のテーマ


柳の下のデュラハン 2ボス、赤蛮奇のテーマ


リバースイデオロギー 5ボス、鬼人正邪のテーマ


輝く針の小人族 ~ Little Princess 6ボス、少名 針妙丸のテーマ


始原のビート ~ Pristine Beat EXボス、堀川 雷鼓のテーマ



東方紺珠伝

九月のパンプキン 2ボス、鈴瑚のテーマ


パンデモニックプラネット EXボス、へカーティア・ラピスラズリのテーマ




東方Projectはこの他にも作品があるのですが、私自身がまだ未プレイでよく曲を聴き込んでいないため(爆)、そのシリーズのリンクは見送りとさせていただきます。


原曲のリンクはここまでですが、次はアレンジ曲についてのリンクです。