Fallout4 SURVIVAL日記 #067 腐肉缶詰工場

PS4用、Fallout4の難易度SURVIVALのプレイ日記です。
DLCは全部入り、MOD導入はありません。


ネタバレがあるかもしれませんので、ご注意ください。


----------

西暦2288年5月19日 土曜日


パワーアーマーを1体分まるごと紛失した。
原因は、カウンティ・クロッシングで警備をしているディーコンだ。

この拠点に訪れたとき、2体置いていたパワーアーマーが1体消えていたので、すぐに探してみた。
だが見つからない。代わりに見つけたのは、ディーコンがなぜかパンツ一丁で農作業をしている姿だ。

ディーコンにはフュージョン・コアを預けていた。彼はそれを使ってパワーアーマーに乗り込んだようだ。
おそらくは防衛戦だろう。

そこまではよかったのだと思う。だが、惜しいかな、おそらくパワーアーマーにフュージョン・コアを残したままで降りてしまったのだ。

パワーアーマーにはセキュリティはないので、乗り込めば誰でもパワーアーマーを操作することができる。

敵の手に渡っていなければよいが…。


ディーコンのミスではあるが、そもそもフュージョン・コアを預けたのは私だ。

紛失したパワーアーマーは、大量の資源を費やして最上の改造を施していたものなので痛いことこの上ないが、過ぎたことを考えても仕方がない。

今後はパワーアーマーの保管だけではなく、フュージョン・コアの保管についても私にて管理することにしよう。


それで、カウンティ・クロッシングをベースとして、周囲の未探索拠点を探索したが、そのうちの1つが、ルカウスキーズ缶詰工場だ。

画像


中に入ると、意外にも敵ではなくトレーダー2人が居て、何か口論していた。

画像


以前は缶詰の真っ当な商売をしていたようだが、工場生産の責任者でもある男が、足りない原材料に腐肉やらモールラットの肉を詰めて売るようになったらしい。
それが原因で売り上げが激減したことをVault81の女性は言った。

だが、男は聞き入れない。
その後、私とハンコックで、男が行くなと止めていた地下深くの秘密を暴いてしまったので、男は逆上したが、結局我々にやられてしまった。

彼の遺体に確認に近づくと、意外なものを見つけた。

画像


この他には何もなさそうだ。カウンティ・クロッシングに戻ろう。


----------

パワーアーマーの紛失は痛いです。改造は最高度までやっていたので、それを紛失してしまうのはいろいろと厳しいです。

コンパニオンは、フュージョン・コアを所持していると、勝手にパワーアーマーに搭乗するみたいですが、乗り捨てたときにミニッツメン等が勝手に乗ってしまいます。

今後は少なくとも、コンパニオンがフュージョン・コアを持った状態で野放しになるようなことにはしないです。


やられた回数
今回0回
累計71回

フリーズ 
今回0回
累計1回

アプリケーションエラー
今回0回
累計3回

リロード
今回0回
累計2回

"Fallout4 SURVIVAL日記 #067 腐肉缶詰工場" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]