アイライク! 将棋!! #6 上達の始まり

将棋にしても、囲碁にしても、上達は勝負に負けることで得られるのだそうで、まあその通りだと思います。

負けたら、「何故負けた?」「どこに敗因があった?」と、分析をして、その結果を次の対局に活かせるからです。


んで、今のところはAI相手ではありますが、ついに負けました。

相手はねずみ将棋のたぬきさんです。

1局目(詰み)
20200516-4.jpg

2局目(投了)
20200516-5.jpg


ことりさんとは違って隙がないので、こちらのミスをきっかけとしてぐいぐい押してきます。
棋譜をリピートしてみると、最善手が他にもあるようなところで他の手を指しているので、それをたぬきさんに咎められました。

ちなみにねずみ将棋では、対局後でも、棋譜の好きな時点から再度対局ができます。
それで、負けてない時点から再対局をしてみたのですが、それもやっぱり負け。

敗因にはいろいろあると思いますが、自覚できているのは、

・攻め方がまだ分かっていない
・攻撃の傾向に応じた防御ができていない

というところです。攻め方にも定跡があるようですが、今はまだ覚えきれないということもあるので、しばらくは自分の好きなようにいろいろ指してみようと思っています。

そうそう、今回は矢倉を組むことができましたよ! ただ肝心の運用の仕方がよく分かってないのであっさり崩されましたけどねw

金矢倉きたーーーーっ!
20200516-11.jpg


それで、たぬきさんがどれくらいの強さなのか分からないので、他の将棋ゲームも指してみました。

きのあ将棋(リンク先はTopページ)のクラリア氏というクラゲ? という入門者向けAIとの対局で、あっさり勝ちました。

20200516-10.jpg

終局 22手(先手4三桂)
20200516-1.jpg

クラリア氏は、私が角交換しないように突き出した6六歩を同角で取ってしまうというミスを犯してしまうくらいなので、

20200516-3.jpg

まあ弱かったです。


それから、今度はAndroidアプリの「ぴよ将棋」の、

20200516-6.jpg

「ぴよLv1(15級)」とも対局してみて、

20200516-7.jpg

こちらも勝利しました。

20200516-9.jpg


このアプリのすごいところは、無料なのに、対局後の分析で、一手ごとにどちらが有利かを判定してグラフにしてくれるところです。
良い手・悪い手まで分析してくれます。

広告こそ入りますが、棋譜をメールやLineに送付できるし、かなり有能なアプリだと思います。


それで、いくつかのAIと対局してみて、それぞれに強さ・弱さがあることが分かったので、当ブログではいろいろなAIと対戦した結果を順位表に付けていくことにしました。

今回の時点ではこんな感じです。


・AI棋士順位表(平手) 2020/05/16時点

強い
-----
AI棋士      ソフトウェア 対eの人
1.たぬき     ねずみ将棋  2勝0敗
2.ことり     ねずみ将棋  0勝1敗
3.ぴよLv1(15級)  ぴよ将棋   0勝1敗
4.クラリア    きのあ将棋  0勝1敗
-----
弱い


最近将棋を始めたけど、負けてばっかりなのでとにかく勝ってみたい! という方は、上記の順位の低いAIと対局してみるとよいと思います☆

という感じで対局と三手詰を続けていきます。




今回の将棋の動画













YouTubeで観た動画

こういうキーボードも弾けるとはすごい


エナドリのZONeを飲んでみた記念


多次元図形の描写の考え方がよく分かる(分かるとは言っていない)