RAGE2 のプレイを始めた

             モデウロダリクッビ
皆さんこんにちは。eの人@訳ノ分カラナイモノです。



PS4では現在リディ&スールのアトリエというゲームをしているのですが、スイーツのように甘い雰囲気のゲームで面白いながらも若干刺激が足りないので、それを補うべく、ベセスダの新作となるこのゲームを開始してみました。

OP画面
画像



RAGEには「激怒」とか「逆上」という意味があるそうですが、パッケージの人物を見る限り、まさにそんな感じですね。


このゲームの舞台は「ウェイストランド」ということで、
この言葉に、!?

となった方も多いかと存じますが、そう、このゲームも洋ゲーの「ウェイストランド」シリーズや、「フォールアウト」シリーズの世界観で生きていくゲームなのです。


ただ、少なくとも、序章はこれまでのこれらのシリーズとは趣が異なっており、

画像


まるで、PS4版の「DOOM」をプレイしているような錯覚に捕らわれました。
主人公「レンジャー」は、エイリアンみたいな敵を相手に、基地の中を、ヒットアンドアウェイで目的地に向かうのです。

それで、最初は、「ふーん、DOOMみたいだし、これってRPGではないのかな~?」

と考え始めていたのですが、でも、それは杞憂でした。

このゲームの舞台はやっぱり「ウェイストランド」なアクションRPGなのです。


序章が終わって、とりあえずの目的が明確になると、主人公の生まれ故郷のある基地から、ビークルを駆って、

一番最初に手に入る、対話式AI搭載ビークル「フェニックス」
画像


広大なウェイストランドに旅立つのです。

ウェイストランドのマップの(おそらく)一部
画像



装甲車みたいなビークルを駆るのには理由があり、
それは、この世界には「ミュータント」と呼ばれる改造生命体と、ヒャッハーな荒くれ者が至る所に蔓延っているためです。

至る所にあるヒャッハーさんのアジト
画像


ヒャッハーさん
画像



それで、まだ2時間ほどしかプレイしていないのですが、このゲームは、

・DOOMのような戦術性
・ウェイストランドシリーズの世界線
・フォールアウトっぽさはあまりない(今作は放射能汚染は関係ない)
・ヒャッハー!(フォールアウトっぽい)
・地球というよりは、どこかの地球型惑星での話っぽい
・ビークル!(マッドマックスっぽい)
・クラフト要素あるっぽい

感じだと思いました。


ウェイストランドやフォールアウトシリーズでは、移動のメインは徒歩でしたが、今作はビークルでの移動がメインとなっています。

もちろん徒歩でも移動できるし、敵アジトへの侵入はビークルを降りて乗り込みます。
でも、マップがかなり広くて、最初のミッションの場所に向かうにしても、徒歩ではあまりにも時間がかかりすぎるのです。


それと、ヒャッハーにしても、ミュータントにしても、なかなかに強いし、主人公の体力回復は早々にはできない感じなので、できる限りビークルに乗ったまま、敵を蹴散らした方が戦いやすいと思いました。

最初からがっちり装備を固めて襲い掛かってくるヒャッハーなどもいるので、生身で銃だけで、というのはかなりヘビーな戦いになるはずです。



ちなみに、女ヒャッハーは、フォールアウト4の女レイダーの声と同じみたいです。っていうか、話し方がそっくりなのでちょっと吹きましたw


中毒性はかなり高いので、今後もプレイを続けていきます。




キャプチャーギャラリー


地盤からしておかしくなってしまっているかつての都市部
画像


様々な素材が手に入る
画像


道路を走っているよろず販売車。クラクションを鳴らすと、止まってくれる
画像


ビークルは、主人公が着ているレンジャースーツの能力によってどこでも修理可能
画像












ニコニコ動画のリンク



この前ようやく一周した




PS4版DOOM実況




北斗の拳も東方もRAGE2も似たようなものだ


リディ&スールのアトリエをプレイ中 その8

PS4で可愛い双子の女の子が活躍するシミュレーションRPGをプレイしています。


ストーリーは、国の存亡に関わる出来事に1つの区切りが付き、落ち着いた展開になりました。

そこで、錬金術士ランク管理係のお姉さんから、バカンスを進められたりしました。

画像


しかし、バカンスという言葉のイメージとは異なり、このバカンスの章は、自分に取っては難易度が高かったです。

というのも、こういう爆弾系の道具を納品する必要があったのですが、

画像


普段の錬金をさぼっていたために、この道具を作るためのヒントが全くない状態となり、あわや詰みかけました。


このゲームには、錬金の道具をつくるための「レシピ」というものがあるのですが、
錬金の道具の上位のものになると、下位の道具を下地にしているため、下位の道具の錬金を完成させてないと、上位の道具に至る道が全く示されない場合が出てくるのです。

ただ、ノーヒントぎみだったとは言え、未完成にしているレシピを1つ1つ作り上げていけばいいので、それによって詰みは回避されます。


このゲームは錬金がメインなので、それは日ごろからしっかり取り組んでいなければならない、という暗黙のルールを改めて理解した感じです。


それにしても、このゲームは地味にボリュームが大きくてですね、まだまだクリアまでの時間がかかりそうです。
なので、このゲームは継続しながらも、ちょっと他のゲームにも取り組むことにしました。

まあ、そんなわけなので、このゲームにはのんびりと付き合っていくつもりです。



キャプチャーギャラリー


騎士が画面の奥にいる錬金術士(年頃)をナンパしようとするが、強固すぎるガードに阻まれる事態に
画像


エアドロップ~、の言い方が「ド○えもん」みたいだったw
画像


リディちゃんらしからぬアウトな発言!?
画像










HI! VEVO Vol.156

Madeon - All My Friends (Official Audio)


静画に見せかけた動画







クラシック曲を忘れない Vol.56

ソナタ ニ長調


スカルラッティ作曲。演奏に見入ります。