ファークライ ニュー・ドーンをクリアしたよ

PS4で、核爆発による世界崩壊後の世界での復興を描いた、ファークライ5のスピンオフをプレイしていましたが、本日メインストーリーをクリアいたしました。

画像


プレイ時間は23時間32分ということで、これまでのUBIソフトの作品から比べるとあっさりした感じです。

内容的には、ファークライ5の完結編と言っていい内容でした。本作からプレイしてもゲームとしては問題ないですが、ファークライ5をプレイしないと会話の意味が分かりにくい部分もあるし、逆に、ファークライ5しかプレイしていない方には、本作をプレイすることで、あの後味の悪いエンディングにも意味があったことが分かると思います。


それでは、本作を振り返ってみます。


1.ストーリー
ファークライ5のストーリーの続編で、上述のように完結編と言える内容でした。この内容をファークライ5に含めたら、さすがにボリュームが大きすぎる感はあるので、もしかしたら、最初から本作のストーリーは用意されていたのかもしれないけれども、そういう理由で分割したのかな、というところです。まあ、両作品を購入したら、参考価格で約16,000円になるので、いい商売だなとも思いますw

2.マップ
ファークライ5のマップをそのまま利用しているはずですが、縮尺が異なるようです。感覚的には2/3くらいの全体図に思えました。ということもあってか、今回はビークルには一部を除いてほとんど乗っていませんし、のんびり徒歩で目的地まで移動しても時間はそんなにかからないです。

3.操作性
これについては文句なしです。UBIソフトの技術の結晶が本作にも生かされており、ほとんどストレスはありませんでした。
ただ、地形によっては、物理的に嵌って抜け出せない(ファストトラベルで脱出可能)ところがありましたので、その場での脱出操作ができればなお良かったと思います。

4.敵 ハイウェイマン
ポストアポカリプスには欠かせないヒャッハー感をしっかり演出してくれてました。
なので、心おきなく銃で倒せたのは良かった(?)です。
それと、やっぱりこれは噴きますよw

画像


5.難易度
今回はノーマルでプレイしましたが、すでにUBIソフトのFPSゲームを何作かクリアしている人ならやや簡単に感じるかもです。しかし、特に後半のアクション性は高めなので、余裕とも言えないです。PERKと本拠地での各種パワーアップはあまりに手抜きしすぎると苦労すると思います。


といったところで、本作を星10個満点で評価するなら、

☆☆☆☆☆☆☆☆

となるでしょうか。ボリュームだけで見るなら星7個ですが(若干物足りない)、ゲームの出来自体は卒なくできていて、ストレスはほとんどありませんでしたので、この評価で良いと思います。
それと、ファークライ5をプレイした方には、本作をプレイすることをお勧めします。きちんと本作でストーリーが閉じますので。また、本作を先にプレイした方にはファークライ5のプレイもお勧めします。そうすることで、ストーリーの全体像が分かるはずです。


さて、さすがにUBIソフトのゲームにも慣れすぎてしまったので、今度こそは違うメーカーのゲームに取り組みたいです。実は、世界壊滅後のロシアで地下鉄生活を送る「メトロ」シリーズを旧作と最新作を取りそろえて、第1作めは少しだけプレイしているので、そのままそのプレイを進めてみるかもしれません。

あるいは、PS NOWサービスで、懐かしの「オブリビオン」がプレイできるみたいなので、プレイしてみるかもしれません。PS3版では魔術師ギルドでしかクリアできていないし、そのときは難易度Easyだったので、満を持して再プレイしてみるかもです。


プレイ例













久々に聴いた曲(ポップンミュージックから)












HI! VEVO Vol.146

Ariana Grande - 7 rings


日本語付きのタイトルに草生える





クラシック曲を忘れない Vol.46

魔笛 第2幕 アリア「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え」


モーツァルト作曲。夜の女王のコスチュームいいですね。高音過ぎるソプラノが魅力。









ニコニコ動画のリンク


コンピュータの考え方は彼から生まれた




ツクダオリジナルは今はもうないんだな




はたてって名前、「羽立」あたりからきてるとか?




じっくり時間をかけて遊ぶのに適したゲーム



チーズあられの塩加減は完璧だ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック