アニメ ゾンビランドサガを視聴完了した of the DEAD

2018年の秋アニメの覇権を取ったゾンビランドサガを、アマゾンプライムで最終話まで観終わりました。

アイドルものということで、私の守備範囲外ではあったのですが、ゾンビものの洋画やらゲームやらは観たりプレイしたりしたこともあり、あと、舞台が佐賀で地元の隣の県ということもあって、最後まで興味を持って視聴したのでした。


この作品の構成要素を分析してみると、

・アイドル活動 40%
・ゾンビ 40%
・佐賀 20%

という感じになりました。


アイドル活動だけでみれば、メンバーそれぞれの生い立ちだとか過去が暗い影を落としつつも、互いに助け合って友情を少しずつ育みながら、アイドルグループとしての体を整えて、少しずつ活動の場を広げていく、というものなんですが、

そこにゾンビの要素が混ざることで、いい具合に笑わせてくる内容となってました。
ゾンビと言えども、アイドルだけあって、どの子も美人だったり可愛いらしくて、つい見とれて目がハートになりそうなところ、その絶妙な、計算し尽くしたようなタイミングでゾンビ要素を突っ込んでくるため、まったく油断も隙もないったらありゃしませんw

さりげない動作、例えば人の話に相槌を打ったり、振り返ったりというがあるのですが、その際にミチャアと腐敗した体を連想させるような効果音がキャラから聞こえたりして、これにはもう苦笑しかないですw

しかも、それがいつでもそうなるのではなく、忘れたころにだけミチャアと来るので、皆さんも視聴時にはかなり製作者側にしてやられると思います。

その他にも、(視聴者の)隙あらばゾンビネタを挟めてくるので、単なるアイドルものだと思って観る人はかなり意表を突かれることになるかと思います。

ただし、映画やゲームのゾンビは概して「怖い」「気持ち悪い」ものですが、このアニメに限っては怖いというよりは「面白い」「楽しい」と感じる人がほとんどではないでしょうか。ほとんどギャグに近いと思うので、怖い作品は観たくない人でも、この作品ならいけると思います。


佐賀が舞台ということもあり、最終話までで、とにかく佐賀のネタが出てきました。サ○ンパスの会社はもとより、「ドライブイン鳥」「牧のうどん」のような実在のお店や、名所とか施設、小城羊羹、さが錦に、呼子のイカの活造りまで、出てないものはないくらいな勢いで出てきました。
あと、方言もセンターのさくらちゃんは思いっきり佐賀弁だし、他の子も九州弁で話してきます。

なので、佐賀県人ならこのアニメを特に楽しめると思います。地元が佐世保市の私も佐賀県品とか場所にはそこそこ馴染み深いので、これらの佐賀ネタだけでも十分に楽しめました。


ギャグ要素があるからなのか、設定は結構ガバガバです。
どうやって死んだ子たちを集めてゾンビにしたのとか、そのゾンビたちを集めてなぜアイドルにしたのとかの説明はほとんどありません(ないこともないけど)。
それでも、ストーリーが破綻していないのは、目的だけは明らかだからでしょう。

「アイドル活動を通して、過疎化の一途を辿る佐賀を盛り上げていく」、この一点だけはブレないので、最後まで観ても視聴者が製作者に裏切られたとか騙された、という気持ちを持つことはないと思います。

まあ、細かいことを言うと、そもそも「ゾンビ」という存在自体が不条理なので、その不条理の上に立っているこのアニメに本気でツッコむのは野暮というものでしょう。


ギャグ要素と書きましたが、それだけではないのがこの作品の深みです。各メンバーの過去がなかなかにシビアでシリアスだったりするので、それだけ身近に感じていつの間にか各メンバーに感情移入できるでしょうし、ファンにもなれると思います。何しろ各メンバーはアイドルなので、そもそも魅力は十分すぎるほどにあるのです(ゾンビであってさえも!)。


という感じで、このアニメを星10個満点で評価するなら、

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

となるでしょうか。先日SSSS.グリッドマンを視聴完了しましたが、その作品と比べたら、ゾンビランドサガはずっと一定の(より高い)クオリティを保ち続けた感があります。グリッドマンもいい作品でしたが、あえて比べたら、このZLS側に軍配が上がるでしょう。


アイドルものは、どうも好きになれないと言う人も、この作品はちょっと毛色が違うし、
それと、ゾンビものはグロくてキモいので観たくない、と言う人も、その辺はソフトすぎるほどソフトなので、視聴いただいてもよろしいかと思います。


ゾンビに興味を持った方、現在のゾンビの原型となった映画に「ゾンビ(Dawn of the dead)」(1978年)があります。米国版にはかなりショッキングなシーンもありますが、その作品には現代ゾンビものの全てが詰め込まれていますので、興味がある方は視聴してみてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック