e(config)#ccie enable

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 チャイルド・プレイを視聴プレイ

<<   作成日時 : 2018/08/25 15:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も暑いので、ホラー映画を視聴しました。

今回は、チャイルド・プレイ(1988年)です。


全然可愛くない人形が動く、というのは知ってましたが、ある意味予想通りの凶悪さを持った人形が引き起こす恐怖の殺戮ゲームとなっていました。

ストーリーは、
母子家庭で幼い1人息子を持つ母親。息子アンディが誕生日に欲しがっていた息子サイズの人形「グッド・ガイ」を買ってやりたかったが、お金がなくて定価では買えず、仕方なく、出元不明のグッド・ガイを裏路地の売り主から格安で買い取って息子に与えた。
だが、その人形には生きた凶悪犯の魂が込められていて……

というものです。


人形は最初はただの可愛くない人形としておもちゃ屋に陳列されていたのですが、刑事に追いつめられた通称「チャッキー」がやがて銃による致命傷を負い、今際の際にブードゥーの呪術で人形に魂を乗り移すことが成功したときから、母子家庭とその関連者に対しての悪夢が始まります。


人形に魂が乗り移ったといっても、見た目は完全に人形なので、誰も彼の所業を本気にしない、というのがストーリーの肝になっていると思いました。最初にチャッキーが「生きている」ことに気付いたのは子供のアンディでしたが、何しろ就学前の子供の言う事ですから、親でさえ最初は信じないわけです。

このもどかしさ!

この人形「チャッキー」は、凶悪犯だけあって悪賢さにかけては誰にも負けないわけで、自分の存在を誰にも悟られる事なく次々に凶行に及ぶのですが、
そのことが、目撃者のアンディから発信されても、みんな戯言としか取らないし、それどころか、むしろ人形の名を借りて、アンディ自身が「悪意なき犯罪行為」をしたのだろう、と大人に勘違いされてしまうという、このもどかしさ!

結局は最後まで、「実際に自分の目で」チャッキーの凶行を見た人だけが、人間のように動く人形の存在を信じる、という内容になっていました。


ホラー映画では、「大人は分かってくれない」カードがよく発動されるのですが、この映画でもその効果が如何なく発揮されたと思います。

まあ、普通に考えて、人形が殺意を持って動くなんて、とても信じられないですよねぇ。目撃者の証言も、幼い子の発言にまともに取り合うはずがないし、大の大人でも、動くことを発言しても頭がおかしいとしか受け取られかねないわけですから、これは正に「実情を誰も理解してくれない」という恐怖です。


この映画の面白さは、「呪いの人形」という古くからあるテーマに、従来のオカルト全振りではなくて、より現実的な災いの理由を人形に持たせた点でしょう。
生きた人間の魂が人形として引き起こす「災厄」も、オカルトな「呪い」に基づく超自然現象も、ルーツを知らない人にとっては、おそらく見分けがつかない、というのはもう1つの恐怖です。
原因が特定できない間はずっとその「呪い」は消えないわけですから、このチャッキー、という存在はほとんど無敵に等しいとすら感じました。


・幼児アンディは、そのピュアな見方でチャッキーの存在をすぐに信じたけど、あまりにも無力、
・母親もまた無力だが、息子を信じる力と物事を解明するための行動力を持ち、
・刑事は、唯一チャッキーに対抗できる力はあるが、「戯言(と思えること)」は信じない、

という有利・不利の能力が彼らの行動でうまく補完し合うことにより、ストーリーの進行に葛藤、スリルと達成感を生じさせていて、これがこの映画の魅力と観応えに繋がっていました。

それと、憎たらしいチャッキーですが、結構なユーモアの持ち主でもあるので、それに親しみを持つ視聴者もいることと思います。

それで、そのチャッキーは、きちんと退治されるのかどうか、それはご視聴いただくほかはありません。
R指定はあるものの、グロさはほとんどなく、ホラー度数もそんなに高くないので、ホラー初心者向けだと思います。


この映画の評価は、星10個満点で、

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

というところです。人形のキャラがしっかり立っているのが、続編製作につながったのだろうと思います。面白い作品でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

管理人からのお知らせ

映画 チャイルド・プレイを視聴プレイ e(config)#ccie enable/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる