e(config)#ccie enable

アクセスカウンタ

zoom RSS Fallout4 SURVIVAL日記 #066 ハンコック市長と共に

<<   作成日時 : 2018/01/20 12:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

PS4用、Fallout4の難易度SURVIVALのプレイ日記です。
DLCは全部入り、MOD導入はありません。


ネタバレがあるかもしれませんので、ご注意ください。


----------

西暦2288年5月17日 木曜日



ケイトはもう充分に立ち直った。サイコ中毒から完全に抜け出せたのが良かったのだろう。
そこで、ケイトにはしばらくキャッスルで銃後を守ってもらうことにして、私はグッドネイバーに向かった。

用件は、ハンコック市長だ。
彼には、以前、気が向いたら旅に誘ってくれと言われていて、どうやらその刻が来たと感じたからだ。


暇そうにしていたハンコックに旅の相棒になってくれと伝えると、彼の顔から笑みがこぼれた。
彼は、グッドネイバー市民に別れを告げるとバルコニーに向かい、そこで市民に語りかけた。

画像


ハンコックがグッドネイバーを離れ、しばらく旅に出る旨を話すと、聴衆はざわめき、行かないでくれと懇願する者もいた。
だが、安全な場所にいるだけではだめだ、自ら危険に身を晒すことができなければ、市長としていずれやっていけなくなる、そのための旅だ、と伝えると、聴衆も納得したようだ。

彼は演説が終わると、身支度を済ませてグッドネイバーの入口に佇んでいた。

画像


改めて旅の相棒になってほしいことを彼に告げると、正式に了承してくれた。
私は彼に私の銃と弾丸を与えた。

だが、防具が不足している。私が知っている防具で最も質のいいものはガンナーが所持しているコンバットアーマーだ。
そこで、ガンナープラザにハンコックと共に赴くと、いつの間にやら先日とは別のガンナーがここを再占拠していたので、片っ端から始末した。

館内にもやはりガンナーがいたので倒すと、スターディ系のコンバットアーマーを入手できたので、ハンコックに与えた。

全身ポリマー化したスターディコンバットアーマーの各パーツで身を固めた彼は、早々には敵の餌食にならないはずだ。

画像



それで、この近くでは救難無線が流れていたので、発信源のファロンデパートに向かった。

画像


構内は、スーパーミュータントの居住地になっていたので、しっかり掃討した。

その後、救難無線を辿ると、避難所と思われる場所を発見した。

画像


無線の様子は核戦争直後を彷彿とさせる内容だったので、予想はしていたが、今回もやはり無線メッセージを発信したと思われる人はすでに命を落としていた。

私は無線の電源を落としたので、これで彼女も心残りはないだろう。


今回の戦いでハンコックの戦いぶりをみたが、予想通り戦い慣れていた。私が敵の攻撃を受けて、手当のために後ろに下がると、ハンコックが先頭に立ち的確に敵に攻撃できていた。

ただし、彼はグールだから、耐久力は人間よりも低いはずだ。
彼が敵に倒されないように、出来る限り私が先頭で戦うようにするつもりだ。


----------

コンパニオンの候補は、マクレディとハンコックの2名がいたのですが、今回はマクレディには候補から外しました。特に意味はなく、気まぐれです。ハンコックからはどんな話が聴けるのか楽しみです。


やられた回数
今回0回
累計71回

フリーズ 
今回0回
累計1回

アプリケーションエラー
今回0回
累計3回

リロード
今回0回
累計2回

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

管理人からのお知らせ

Fallout4 SURVIVAL日記 #066 ハンコック市長と共に e(config)#ccie enable/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる