映画 ブルーサンダーを視聴した

1983年製作、ロイ・シャイダー主演のブルーサンダーをブルーレイ版で視聴しました。

いやー、面白かった。
やや短い109分の作品ながら、超性能ジェットヘリコプター、通称「ブルーサンダー」と主人公(とその妻)の魅力をたっぷり堪能できました。

109分という長さがいいのでしょうか。
シナリオにブレがなく、芯のある構成ということもあり、視聴者の心をぐっとつかんでスリルの高速飛行を疑似体験できました。

主人公は、様々な法律と規則に縛られる巡査のヘリパイロットなのに、ブルーサンダーに搭乗してからは(仕方ないとは言え)無茶苦茶な行動を取り、しかもそれを完璧にこなすというのが、もう格好良いやら爽快やらで、これぞ映画だ! と思いました。

作品にマスコミ出てきますけど、きちんと社会の木鐸たる姿勢でいてくれていて、いい時代だったんだなぁ、とも思いました。


最後、主人公とブルーサンダーはどうなるんだと思ってましたが、いい終わり方ですよ実に。
視聴後の満足感が得られるラストでした。






さて、この映画とくれば、レトロゲーマーが思い出すのはこのゲームですよ。
この映画をリスペクトしているのはまず間違いないw
音楽がいい出来でした。





この時代の映画、いろいろ観たくなってきた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック