無煙たばこ ゼロスタイル・ミントを喫んでみた

初めてタバコを喫んだのは、大学生のときに、20歳になってからです。

もともと少し興味があったのと、当時読んでいた、アタゴオル玉手箱という漫画の5巻に、タバコをモチーフとしたエピソードがあったことが関係しています。ファンタジーな話の中で繰り広げられるタバコのストーリーがとてもロマンチックなものであったため、大変感銘を受け、なんだか自分も喫んでロマンチックな感覚を味わってみたくなったのです。

それで、3ヶ月ほどは喫んでみたものの、煙いし、火や、灰の管理は面倒だし、お金はかかるしで、特にメリットも感じられなかったのでいつのまにやら喫まなくなっていました。

それから時は流れ、5月中旬に無煙タバコが発売されるのを知り、久しぶりにタバコに興味が出ました。
1.火を使わない 2.煙が出ない
という特徴に、あれ? これ良くね? と思い、この日買ってきました。

ゼロスタイル・ミント(タバコ入れ付き)
画像


火は使わないし、煙も出ないので全く害がないかというとそうでもないらしく、外箱には思いっきり口腔ガンなどの深刻な病気を示唆する文面が載っています。まあ、タバコはタバコなんですね。

でもまあ、せっかく買ってきたので18年ぶりに喫んでみることにしました。

ケースを開けたところ
画像


ケースの中身
画像


取扱説明書が入っているのが何やら「これが21世紀のタバコだ!」という雰囲気を醸し出しています。
取説に従い、タバコ本体をプラスチック製の筒に挿入すると、完成です。

嗅ぎタバコの完成
画像


早速喫んでみます。

スーーーーッ

……

スーーーーーーッ、スーーーーーーーッ

……

うん。なるほど。分かった。

終了。


喫んでみて最初に口に流れ込んでくるのが、ミントで、後でタバコらしき味わいがきます。
きますが、かなり控えめな感じです。

タバコの葉の味は…そうですねー、私にはピーナッツみたいな味がしましたね。

普段からタバコを喫んでいる方はまた違う印象があるのかもしれませんが、私にはナッツ系の味がしました。クールなナッツ味、それが私のゼロスタイルの体験です。

永く喫んでなかったので、最初は「ゲホッゲホッ」とかくるかなーと思いましたが、それはなかったですね。

300円のこの品、タバコは2本しか入っていないのですが、1本で半日から1日持つとのことで、値段的には火煙ありのものと変わらないのではないでしょうか。

私は、そうですね、今後もこれをぎゅんぎゅん喫む感じはしないので、1本で半年から1年くらいは使えるのではないでしょうか。

喫み終わった後、タバコはそのへんにぽいっと置いてます。火の管理がいらないのでとてもいいですね。これを機に、喫煙者の方が火煙タバコからSwitchするのもありなのではないでしょうか。





画像


さあ、今回もタンブリスト注目? の、このコーナーがやってまいりました。
ここ最近リブログした中で、特に萌え萌えしていると思ったのはこのリブログです。

http://enohito.tumblr.com/post/606689659/laster-shuushuu-shuushuu-image-board

お使いの往きか帰りか、ふと立ち止まったときにさあっと風が吹いたのでしょうか。いい風です。

その次はこれ。

http://enohito.tumblr.com/post/616631583/kefirn-pixiv

お出かけれみりゃ。お買いものなら、私が秋葉に案内しますよ^^





みなさんはニコニコ動画にご案内



わぁいという雑誌を買ったら負けだと思っている




表情が多彩




このタイプのラジカセは幻想郷入りしてもおかしくない




歌付きや、踊り付きで聴くと、この有名な曲の印象も変わります




このテンションはおっさんには無理だ。見習いたい。



タンブリストの必須アプリtumblrFrame、iPadが届いたら紹介するかもです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック