赤羽で朝9時からお酒を飲んだ

孤独のグルメという漫画の文庫版を読んで以来、一度は行ってみたいと思っていた北区赤羽の「まるます家」という居酒屋に、会社の同僚(K君)と行ってきました。

まるます家に行くには、JR赤羽駅の北改札口の東口から出るのが近くていいです。

JR赤羽駅北改札側東口
画像



1番街という商店街にこのお店はあります。

1番街
画像



開店は朝9時ですが、知名度が高いのと、土曜日ということもあり、のんびり出かけたりしたら店に入れないと思い、8時40分ごろにはもうまるます家の前まで来てしまいましたw

まるます家
画像



この時間だとさすがに誰も並んでいなかったです。なので、K君とぶらぶら1番街を歩いて時間をつぶしました。それから10分前ごろに店の前に並びました。
人通りのある中で、こんな朝っぱらから居酒屋の軒先で開店を待つというのはなかなか恥ずかしいものがありましたが、いやむしろ通はこうでなきゃだめだろ! ということで開き直って並んでいたら、午前9時2分前ごろには店員さんが店を開けてくれました。

おっし、一番乗りだっ。

テーブル席に案内され、注文したのはとりあえずの生ビール。ジョッキ(大)で乾杯して飲んでみます。
ふぃーっ。

いやー、38年間生きてきて朝9時からお酒を飲んだのは初めてですよ。ちょっと緊張しました。
もしかしたら朝っぱらからじゃアルコールを胃が受け付けないのではないかなどと考えてましたが、ふつーに飲めましたね。夜に飲むのと変わりなかったです。むしろこっちの方がおいしいくらいですw


乾杯の後は、まずは鶏皮のポン酢あえ、牛すじ煮込み、なまずの唐揚げと、ちっとも朝向けではないメニューを注文しました。
どれもおいしいです。さすが「孤独のグルメ」の舞台に取り上げられるだけのことはありますよ。

それから、鰻のかぶと焼き。鰻の頭を4つ串に刺して焼いたものでした。見た目のすごさとは裏腹に、味はおいしい鰻の味だったのが印象的でした。

生ビールジョッキ(大)、鶏皮ポン酢あえ、牛すじ煮込み。対面にはK君が座っています
画像


さて、おなかに食べ物を入れて2人とも元気になってきた午前9時半ごろから、だんだん客が入りはじめ、10時ころにはもう全30席くらいが早くも埋まってしまっていました。この日は土曜日だからということもあるのでしょう。
やっぱり早く来てよかったですよ。しまいには入店したものの、座る席がなくて、立って待っている客までいましたからね。

ずいぶん店内が賑やかになってきた午前10時半ごろからこちらは中盤に入り、エビステーキカツ、日本酒、生湯葉刺し、それからすっぽん鍋を注文しました。
すっぽん鍋はいいですよ。野菜中心の鍋なので、朝からでも胃に優しいです。
それに、一人前700円というリーズナブルな値段で食べられるんですからもうびっくりです。

その鍋で、最後の締めにと、+200円で雑炊にしてもらいました。

この店では一人お酒3杯までというルールはありますが、朝から飲むなら3杯も飲めば十分な感じがしましたね。もし、それ以上飲んだら、その日の日中はずっと酔っぱらったままで、日中を無駄に過ごしそうですから、3杯までというのは実に絶妙なルールだと思いました。

お勘定を済ませたのは午前11時40分ほど。私もK君もあんまりお酒は進みませんでしたが、代わりにがっつりおいしいものを食べることができたと思います。とても楽しい午前の出来事となりました。

店を出ると、京浜東北線に乗り、そのままいつものように秋葉に足を伸ばしたのでした。



朝4時からだって楽しんでいるニコニコ動画


やられ音に意表を突かれました




久しぶり聞いた




落ち着く曲 落ち着くPV



日本酒がなにげにきいた。朝から飲むには少しヘビーだと思う

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック