ネットワーク業界業務マップ簡易版

インターネットで、そういうのが一目瞭然で分かるものを探してみたんですが、すぐには出てこなかったので、意外とそういうものは少ないのではないかと思い、簡素なものを自分で作ってみることにしました。

自分の業務経験と、自分と関連のあった業務について、分かる範囲で示しました。
このマップに載っている業務を何でも経験した、ということではないです。

これからこの業界で働きたい方、派遣や転職で次にやってみたい業務を見定めたい方のお役に立てば、と思います。

ご注意
このマップは、Cisco資格試験をものさしとして、構成しています。
仕事自体のレベルがどうとか、という話ではないです。
どの業務でも極めれば一流です。私は一流には程遠いです。頑張れよw
記事の内容の全てが正しいとは断言できません。
本記事のご活用は全て自己責任でお願いいたします。


クリックすると拡大します

画像



マップの補足

・WAN回線提案系
これは、電気通信事業者、いわゆるキャリアが所有する通信回線を使ったサービスに関するもので、国内・海外どちらの案件にも対応するようです。
こればっかりは、構築や運用保守を他社ベンダに投げる、ということはないようです。
技術支援SEも営業支援SEも同じSEで、プロジェクトマネージャ等としての仕事をしますが、前者がNW機器についての実際の設定や、検証なども行う分、Cisco資格試験的には上級になると思っています。

・WANおよびLAN提案系
WAN回線を除くほとんど全ての業務を、キャリアとともに、大手ICTソリューション系企業が、マルチベンダとして顧客からの提案依頼に対応するようです。
キャリアについては、海外案件も多いようです。
ICTソリューション系についてはよく分かりませんw
キャリアは、国内案件については、マルチベンダに機器手配・構築・運用・保守を委託することも多いようです。
大手企業の情報システム部や、その部が独立して他社顧客の提案依頼も受ける情報システム企業は、自社グループ系の海外拠点についての提案・設計・構築に関わることがあるようです。

・LAN提案・設計・構築・運用・保守
WANといってもVPNだとこっちとして設計・構築をする場合があるようです。
本社を中心とした国内各拠点をVPNで結ぶとか、大手企業のL3レベルの社内LAN構築やリプレイス等の案件に対応するようです。

・LAN運用・保守
設計・構築チームや上位ICTソリューション企業が作った運用・保守マニュアルに沿って業務を行うことが多いようです。NW業界初心者向けと言えます。
CCNPレベルの方がこの仕事だけをする、というのはもったいないと言えるでしょう。
 
・NW機器整備
これが果たしてNW業務と言えるかどうかは疑問ですが、私はこの業務もNWエンジニアとして体験しているので。
NW機器の梱包を解き、初期不良発見を目的とした検品をし、ホスト名等のテプラを張り、また梱包する。
作業はマニュアル化されていることが多いので、創造性はあまりないです。効率を上げるための提案ぐらいはできます。
上記作業を延々と繰り返します。最初はぎこちない動きをしていても、一ヶ月もすると、みるみる無駄のない動きとなり、アホほど俊敏な動きで出荷ノルマをこなせるようになります。他の業務と比べておなかがすきやすいのも特徴の1つ。

・その他
マップ全体の付随業務としては、データセンターのラッキングに関わる業務があります。
Cisco資格の直接の範疇ではありませんが、業務として案件の全体に関わっている場合は、こちらの管理についても把握しておく必要があります。
業務としては、各種部品の手配・ラック据付工事・電源工事・配線工事・NW機器のラッキング等があげられます。

以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック