【Dynamips】PC1台でNATと各種サーバ環境構築  6.サーバOSのインストール

6.サーバOSのインストール


6.1.VirtualPC2007 SP1のインストール

今回は、実PC1台だけで、2つのドメインにある2つのサーバ機を同時に稼動させるため、サーバOSのインストール先として仮想マシンソフトを使います。
仮想マシンソフトには、表題のソフトの他に、vmware等もありますが、今回は、ネットワークデバイスの設定が簡単なVirtualPC2007を選択しました。

VirtualPC2007はWindowsXPの場合はProfessionalを使っている必要があります。
Home EditionでもインストールとゲストOSの稼動は、実体験としては可能でしたけれども、動作保証がありませんのでご注意ください。

VirtualPC2007のダウンロードとインストールについては、次のサイトを参考にしてください。
ゲストOSのインストール方法についても分かりやすく解説されています。

Virtual PC 2007
http://www.wind.sannet.ne.jp/m_matsu/developer/VirtualPC2007/index.html


6.2.サーバOSのインストール

上記でインストール完了したVirtualPCに、今回の検証で用いるサーバOSをインストールします。
まずは、Windows Server 2003と2008のダウンロードを次のサイトから実行します。

Windows Server 2003 R2 評価版
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/evaluation/trial/default.mspx

Window Server 2008 評価版
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/trial-software.mspx

上記のいずれも、ダウンロード時に、Windows Live IDが必要となります。
これは、ダウンロード時に無料で登録できます。

Windows Server2003は、プロダクトキーがメールで送られてきます。
Server2008は、プロダクトキーは不要です。ただし、60日以上使いたい場合には別途延長処理が必要となります。

いずれの評価版も評価日数が経過してしまうと使えなくなりますので、再度使いたい場合には評価版OSの削除と再インストールをしてください。

次にVirtualPC内への各OSのインストールですが、次のサイトを参考にしてください。
そのページでは、XP SP2の場合について書かれてありますが、
この方法をWindows Serverのインストール手順として代用できます。

Microsoft Windows XP Professional SP2の導入
http://www.wind.sannet.ne.jp/m_matsu/developer/VirtualPC2007/winxp/index.html


Windows Server2008の場合は、プロダクトキーが手元にないと思いますので、
プロダクトキーの入力画面では、「次へ」をそのままクリックします。

画像

 
詳細は次のサイトを参考にしてください。
ライセンス認証なしで評価版を使う方法と、試用期間の延長方法について書かれています。

Microsoft サポートオンライン
http://support.microsoft.com/kb/948472


6.3.ネットワークアダプタの設定

VirtualPCにインストールしたWindows Serverを、Dynamipsとつなげるためには、ネットワークアダプタの設定を済ませておく必要があります。

VirtualPCを起動したら、ゲストOSごとに「設定」ボタンをクリックしてください。

画像


画像


「ネットワーク」をクリックして、画面右側の「アダプタ1」に、Windows Server2003の仮想RJ45として扱うUSB LANアダプタをセットします。
なお、セットするには、実PCに、前もってUSB LANアダプタが接続されていなければなりません。

今回の構成の場合ですと、図の「USB2」がこのUSB LANアダプタと対応することになります。

画像


設定が済みましたら、Windows Server2008の設定も行ってください。

画像



<前に戻る | 目次 | 次に進む >




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ho
2009年10月06日 12:00
Windows Server 2003 R2 評価版をインストールしたのですが、プロダクトキーはどうすればもらえるのでしょうか?
また、試用期間の延長はどうすれば出来るのでしょうか?

eの人
2009年10月07日 20:32
コメントどうもです。
先ほど、実際に評価版の入手を以下の方法で試してみました。

/1 以下のリンクをクリック
http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/evaluation/trial/default.mspx

/2 「180日限定評価版」の「評価版のダウンロードはこちら」をクリックします。WindowsLiveIDを登録して、Microsoftサイトにサインイン

/3 個人情報を記入(自己責任でお願いします)
  この時点でプロダクトキーを受け取るメールアドレスを入力する欄があるので入力します。

/4 説明に沿って記入し、クリックします。
/5 注文が終了し、確認画面にプロダクトキーが表示されます。
/6 インストール方法とプロダクトキーの確認方法を記したメールが先ほど登録したメールアドレスに届きます。
/7 メール内の該当のリンクをクリックしてください。これでインストールの準備は整うかと思われます。

/WindowsServer2003の使用期間の延長はなかったはずです。試用期間の延長ができるのは、Server2008です。WindowsServer2003の場合は、180日間使用したら、使えなくなります。その場合はクリーンインストールし直すしかないです。

この記事へのトラックバック