【Dynamips】PC1台でNATと各種サーバ環境構築  7.Dynamipsの設定(1)

7.Dynamipsの設定(1)


7.1.NETファイルの設定

まずは、ネットワーク構成図のうち、下の図のDynamipsの部分で覆われている各NW機器について構築します。

画像



c3725_dnsweb.netファイル

##################################################
#
# Define global router parameters for instance 1
#
##################################################

autostart = False
ghostios = true
sparsemem = true

[localhost:7200]

[[3725]]
image = \Program Files\Dynamips\images\c3725-adventerprisek9-mz.124-11.T.bin
ram = 160
disk1 = 0

[[ROUTER R1]]
# Host1
model = 3725
console = 2001
autostart = False
slot1 = NM-4T
f0/0 = SW1 1
idlepc = 0x602c462c


[[router R2]]
# host2
model = 3725
console = 2002
autostart = False
slot1 = NM-4T
f0/0 = SW1 2
idlepc = 0x60c64128

[[router R3]]
# hidari-intra
model = 3725
console = 2003
autostart = False
slot1 = NM-4T
f0/0 = SW1 3
# 実PC RJ45
f0/1 = NIO_gen_eth:\Device\NPF_{3ABC82FC-4FCD-4767-A7E9-63BA992CD1DD}
s1/0 = R4 s1/0
idlepc = 0x60c64128


[[router R4]]
# nat-router
model = 3725
console = 2004
autostart = False
slot1 = NM-4T
s1/1 = R5 s1/0
idlepc = 0x60c64128


[[router R5]]
# migi-intra
model = 3725
console = 2005
autostart = False
slot1 = NM-4T
# IO-DATA ETG2-US2
f0/0 = NIO_gen_eth:\Device\NPF_{E19F153C-B494-42CD-B562-2949DB4902C2}
f0/1 = R6 f0/0
idlepc = 0x6151b878


[[router R6]]
# Host3
model = 3725
console = 2006
autostart = False
slot1 = NM-4T
idlepc = 0x6151b878


[[ethsw SW1]]
1 = access 100
2 = access 200
3 = dot1q 1


-------------------------

上記の「Router R3 #hidari-intra」にある、NIO_gen_ethは、ネットワーク構成図では「Real_RJ45」と対応しています。これは、実PCのRJ45のデバイスコードです。
このコードについては、Dynamipsの「Network device list」を実行することで確認できます。

上記の「Router R5 #migi-intra」にある、NIO-gen_ethは、ネットワーク構成図では「USB3」のデバイスコードと対応しています。


<前に戻る | 目次 | 次に進む >




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック