リモートDynamipsラボ構築手順 10.Dynamipsの連結

10.Dynamipsの連結


いよいよ本題です。
リモートデスクトップが立ち上がったら、
自宅PCのDynamipsのNetwork device listを実行します。

画像


画面赤枠のVPN Clientインタフェースに表示されている
NIO_gen_eth:\Device\NPF_{11FB0308-0682-41F9-B8D1-CB2F8EFF654D}
という文字列を、リモートPCと接続したいルータのインタフェースに適用します。

今回のネットワーク構成の場合だと、VPNserver1というホスト名のルータのf0/0に
適用することになります。

自宅PCのnetファイル設定例です。

-------------------------
[localhost:7200]

[[3725]]
image = \Program Files\Dynamips\images\c3725-adventerprisek9-mz.124-11.T.bin
ram = 160
disk1 = 0

[[ROUTER R1]]
# VPNserver1
model = 3725
console = 2001
autostart = False
slot1 = NM-4T
f0/0 = NIO_gen_eth:\Device\NPF_{11FB0308-0682-41F9-B8D1-CB2F8EFF654D}
f0/1 = R2 f0/0
idlepc = 0x602c462c


[[router R2]]
# VPNserver2
model = 3725
console = 2002
autostart = False
slot1 = NM-4T
idlepc = 0x60c64128
-------------------------

今度はリモートPCでも、Network device listを実行して、
VPN Clientインタフェースに表示されている
「NIO_gen_eth:~」の文字列を貼り付けてください。

自宅PC、リモートPCのそれぞれでDynamipsを起動し、ルータを立ち上げてください。

リモートPCの、VPNclient1ルータのルーティング状況を見ると、
最初は、次のようになっているのが、

-------------------------
VPNclient1#sh ip route
Codes: C - connected, S - static, R - RIP, M - mobile, B - BGP
D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2
i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
o - ODR, P - periodic downloaded static route

Gateway of last resort is not set

172.16.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C 172.16.1.0 is directly connected, FastEthernet0/0
C 192.168.4.0/24 is directly connected, FastEthernet0/1
10.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
O 10.1.1.0 [110/20] via 172.16.1.2, 00:01:08, FastEthernet0/0
-------------------------

しばらくすると、次のように、
自宅PC側のルータの分までルーティングされました。

-------------------------
Gateway of last resort is not set

172.16.0.0/24 is subnetted, 2 subnets
C 172.16.1.0 is directly connected, FastEthernet0/0
O 172.16.2.0 [110/30] via 172.16.1.2, 00:03:07, FastEthernet0/0
C 192.168.4.0/24 is directly connected, FastEthernet0/1
10.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
O 10.1.1.0 [110/20] via 172.16.1.2, 00:03:07, FastEthernet0/0
O 192.168.3.0/24 [110/40] via 172.16.1.2, 00:03:07, FastEthernet0/0
-------------------------

参考
画像


後は、疎通確認です。

VPNclient1にとって最も離れた場所にある、VPNserver2のf0/1にpingを実施してみます。

-------------------------
VPNclient1#ping 192.168.3.1

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.3.1, timeout is 2 seconds:
.....
Success rate is 0 percent (0/5)
-------------------------

あ、あれ?
応答がありません。原因は、ファイアーウォールでした。
リモートPCでは、192.168.3.1向けのアドレスが閉じられていて、
自宅PCでも、外部からDynamipsのアドレスへのicmpが
拒否される設定になっていました。

自宅PCおよびリモートPCで、今回のトポロジーに関連しているアドレスを開放します。
すると、

-------------------------
VPNclient1#ping 192.168.3.1

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 192.168.3.1, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 184/217/248 ms
VPNclient1#
-------------------------

疎通が確認できました!
これでリモートでのDynamipsの連結は見事成功です。

ちなみに、ローカルのPC同士でもDynamipsの連結は可能です。
ただし、スイッチを挟んでの場合なので、PC直結の場合は分かりません。
ということを今回の検証の後に初めて検証しましたw


< 前に戻る | 目次 | 次に進む >

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック