テーマ:将棋

アイライク! 将棋!! #15 金沢将棋レベル5先手

金沢将棋Lv300というWindows用の将棋ゲームで遊んでいます。 今回は、初挑戦となるレベル5のAIに先手で挑んでみました。 その対局の動画です。 今回もバックに流れる曲を自作曲で入れてみました。ACID Music Studioで作曲したものです。このDAWは素材が豊富なので、より少ない手間で簡単に曲を作れてしま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイライク! 将棋!! #14 金沢将棋レベル4後手

将棋は、他の方の対戦動画をよく観てます。見る将状態ですw でも自分でもAI相手に指さないこともないです。 今日は、金沢将棋Lv300のレベル4後手に挑戦しました。 その動画がこちらです。 金沢将棋Lv300 レベル4後手に挑戦 今回から、動画のバックに曲を流すことにしました。過去に作ってYouTubeに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイライク! 将棋!! #13 棒金?

しょぎしょぎと将棋で遊んでいます。 先週も棒銀で攻めてました。 でも、金沢将棋Lv300で対局していたとき、銀と金を間違えて上げてしまい……w アレな感じになってしまったので、YouTubeにうpしました。 eの人の動画 金沢将棋Lv300 レベル4との対局 いっそのこと、金で攻め込んでみてもよかったかもで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイライク! 将棋!! #12 必敗点の把握/祝!妖夢1位!(謎)

YouTubeや初心者向け解説Webサイトで、いろいろな戦法に目移りがしながらも、1つ1つ確実に身に付けていきたいという考えから、先週も棒銀を中心にAI相手に対局してきました。 これが最近の対局成績です。 先週は金沢将棋Lv300を中心に対局しました。各レベルで先手・後手の両方で勝利したら次のレベルに進むようにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイライク! 将棋!! #11 囲い崩し研究開始!ピリピリピー!

初心者向けの将棋ゲーム「銀星将棋DX」で下から2番目の腕を持つ少年と対局しているのですが、全然勝てない! 左美濃囲いを完成させたまでは良かったが、この後負けた…… 囲いが作れても、攻め方を知らないので、結局囲いを崩されて負ける、という状況が続いています。 それで、相手に勝てない理由として、相手がすでに作っている囲い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイライク! 将棋!! #10 矢倉・棒銀で190手越え

棒銀でのAI相手の対局を続けています。 これまでの対局から、棒銀は序盤をリードできる力を持っているけど、 けど! 守りをほったらかしにしてると、中盤以降で攻められて負ける、というパターンが増えてきていたので、ここ最近は囲いもつくるようにしています。 それで、矢倉と棒銀でもって昨日の就寝前に軽く指すつもりで金沢将棋Lv300…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイライク! 将棋!! #9 三間飛車が辛い

将棋ソフトで初心者向けのものをいろいろと探していて、先週は「銀星将棋DX」というのを購入しました。 PC版 この将棋ゲームの特徴は、初心者向けに ・得意戦法を使ってくるキャラを選択できる ・2択ヒントで最善手を選べる という機能が付いているというもので、とにかく遊びやすいです。 それで、最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイライク! 将棋!! #8 棒銀で攻める

先週は主に三手詰解いてました。累計で122問ほどです。 時間を掛ければだいたいは解けるものの、どうしても分からないものもあり、相手の手を一手読むだけでも難しいものだなあと感じています。 そのほかは、過去に読了したハチワンダイバーを軽い気持ちで再読していたら、だんだん読むのが止まらなくなり、結局は空き時間のほとんどをこれに費や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイライク! 将棋!! #7 振り飛車・美濃囲い

宇宙には無数に惑星があり、銀河系の辺境にある太陽系の惑星、地球もその1つです。 それで、地球と他の無数の惑星との違いが問われることがあります。 よくある回答では、地球には知的生命体がいて、他の惑星にはいないというものがありますが、流石にそれは早合点です。 我々地球の人類が他の惑星に知的生命体がいることを調べきれてないだけであり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイライク! 将棋!! #6 上達の始まり

将棋にしても、囲碁にしても、上達は勝負に負けることで得られるのだそうで、まあその通りだと思います。 負けたら、「何故負けた?」「どこに敗因があった?」と、分析をして、その結果を次の対局に活かせるからです。 んで、今のところはAI相手ではありますが、ついに負けました。 相手はねずみ将棋のたぬきさんです。 1局目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイライク! 将棋!! #5 平手に挑戦

平手のことを平手打ちと書こうとして、念のために調べてみたら、平手打ちは普通にビンタでしたねそういえばw 十枚落ちから八、六、四、二枚落ちと続けてきて、今回ようやく平手での挑戦です。 もちろん相手は今回もねずみ将棋のことりさんです。 いよいよ平手でガチンコ勝負! 角道が開いたものの、角交換はしたくないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイライク! 将棋!! #4 カニ囲い・二枚落ち

鈴原るるさんの囁き声にすっかり虜になってしまった感がありますが、 今回も将棋です。 自陣の防御としていろいろな「囲い」があるので、自分もそのテクニックをモノにしたいと思っています。 初心者からプロまで幅広く使われているという囲いの1つに「矢倉囲い」、通称「矢倉」というものがあるとのことなので、私もまずはそれを実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイライク! 将棋!! #3 三手詰・四枚落ち

将棋を始めたばかりのeの人が今回も指してみました。 まずは詰将棋の三手詰に挑戦してみました。 三手詰では、自分の番は2回で、どちらも必ず王手を掛けつつ、2回目の指し手で玉を詰ませます。 一手詰との大きな違いは、相手の駒の動きを想定する必要があるということです。 つまり、 1手目 自分がこう指したら 2手目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイライク! 将棋!! #2 一手詰・六枚落ち

私、eの人の新しい挑戦として、将棋に前回から取り組んでおります。 今回は、詰将棋の一手詰に挑戦してみました。 Androidアプリに、詰将棋のがあったのでダウンロードして、 入門者向け一手詰 → 問題を選択(一手詰) の各問題を解いてみました。 うん、一手詰は指した手ですぐに玉を詰ませるという単純さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイライク! 将棋!! #1

いつの間にやらゴールデンウイーク最終日。明日から仕事ですよ。 でもまあ、今回は帰省こそできなかったものの、たっぷりとローグライクゲームを堪能したし、とても満足しています。 それで、今後はどうしようかというところで、せっかく大量に購入したローグライクゲームを記事だけ書いて放置するのは流石にもったいないので、今後も継続して遊んでいく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漫画 月下の棋士 全32巻を読了した

「あんた……背中が煤けてるぜ…」 「どう言う意味じゃそりゃあぁああああ!?」 「おめぇの運を儂にくれやぁああああああああ!!!!!!!11111」 知っている人は知っているであろう名作麻雀漫画の作者と同じ、能條純一さんの将棋漫画、それが本作「月下の棋士」です。 将棋を題材にした作品では、その自由な発想と描…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漫画 ひらけ駒! を読んでみた(旧8巻+新1巻まで)

皆さんこんにちは。eの人@宵闇ノ棋風です。 囲碁漫画を読もうとしてなぜか最近は将棋漫画ばかりを読んでいます。 将棋は頭脳バトルということもあり、激しい戦いによる見応えのある展開が繰り広げられる漫画が多いのですが、そんななかでも平和で穏やかなストーリーで進められていくのがこの作品です。 作者は南Q太さんという女性の漫画家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漫画 3月のライオンを読んでみた(第14巻まで)

            フィクショナリー 皆さんこんにちは。eの人@虚構ノ刻印者です。 皆さんは10連休をどのようにお過ごしですか? 私はコレで コレ 17連荘したりしています。 それはそうと、囲碁の漫画をAmazonで探していて、なぜか将棋漫画の3月のライオンを見つけたので、最新刊まで読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漫画 ハチワンダイバー全35巻を読了した

きっかけは、ヒカルの碁をKindleで買って読んでいたときで、購入候補にこの漫画が出てきていたので、特に考えなく買った、というものです。 日本将棋連盟の元新進棋士奨励会員で、年齢制限による退会後は、賭け将棋でその日その日の糊口をしのぐという「真剣師」の主人公が、やがて将棋でアキバメイドと共に世界を救う(!?)というストーリーで、私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more