以後囲碁でGo! 14子 オキが刺さりつつ、シチョウに死す

囲碁ドリルを第11巻までクリアして、入門としての知識は十分なものになったものの、囲碁クエストで打ってもまだほとんど勝てないため、最近は、囲碁アプリでAI相手に9路盤に集中して対局をこなしています。

その経験の積み重ねの甲斐あってか、14級AIの9子置きから初めて、現在は10級AI相手に対局しています。
10級を相手にしていると言ってもまだまだ勝率は低いので、実際の実力は20~25級程度なのでしょう。

それで、何局も対局していると、ときどき面白い勝ち方や負け方をすることがあります。

今回はそれを取り上げてみます。


私の勝ちの例

終局 黒:自分 白:AI 白の投了
画像


対局の動画
【囲碁】9路盤 絶対不利からの急所へのオキで逆転勝ち


途中までは黒の絶対的不利だったのが、急所(6, 九)へのオキが見事に決まって大石奪取が確定するという逆転勝ちになりました。


一方、私の負けの例

終局 黒:自分 白:AI
画像


対局の動画
【囲碁】9路盤 シチョウの熱い罠にかかる



やられコレクション Vol.7

<シチョウの誘導失敗>

終盤まで黒の有利だったのに、白のわざとらしいシチョウの誘いにまんまと乗ってしまい、ダメの詰まった黒を取られて一気に逆転されました。
絵に描いたようなシチョウに視線をくぎ付けにされて、黒が死にかかっているのに気づけなかったのは痛いです。シチョウの向きの大事さを体感しました。
問題集のシチョウの問題ならまず間違わないような内容ですが、実戦ともなると、知識はなかなか活かされないものだと痛感しました。


さて、13路盤も15級AIに対して2子置きまでは来たので、互先の先手後手で勝利して早く19路盤にも取り組みたいです。3月中に1回は19路盤で打てたらと思います。

"以後囲碁でGo! 14子 オキが刺さりつつ、シチョウに死す" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]