タバコCM曲 特集

TVでタバコのCMを見なくなって久しいです。
タバコにいろいろ規制がかかる前は、売り上げも相当なものだったようで、特に1980年代はバブル景気に代表される好景気で、その時代はCMも大金を費やしたらしい凝ったものが多く作られました。

タバコのイメージ戦略による好感度アップを狙って、爽やかなもの、カッコいいもの、シブいもの、ロマンティックなもの、と、他の製品と比べても突出した作り込みのCMが流れたように思います。

そして、それらのタバコのCMに欠かせなかった大きな要素が音楽です。タバコに持たせようとしたイメージに沿った上質な曲が喫煙視聴者をひたすら虜にしたのです。

そこで、今回は、数あるタバコCMでも特に曲にイメージを求めたものの動画のリンクを張っていきます。


1.ピース・ライト



クラシック曲のイーゴリ公から「韃靼人の踊り」をアレンジした名ギター曲です。ピースファミリーが持つ上品な香りとぴったし一致します。

この曲は、AZUREという作品集でも聴けるようです。



次もピース・ライトCMから。鮮烈なヴァイオリンの調べがこれまたピースのイメージとよく合っています。




もう1つ。チャイコフスキーの曲をフルートアレンジした曲のCMです。



原曲はこちら。


長い歴史を持つピースファミリーにクラシック曲を当てたのは正解だと思わせてくれる3つのCMでした。


2.ホープ・ライト

ホープは、ハチミツ香料を他のタバコよりも贅沢に使っているので、本来は甘い優しい味わいなのですが、巻きが太くてその分短いためか、ギュッとガツンと濃いのを(肺に)取り込むヘビーなタバコと捉えられがちで、次のタバコのCMもそういうイメージで作られています。



CMで使われている曲はこちら。



この曲はボーカルの陽気な声が目立ちますが、コーラスの低いけどどこか優しい声が何気にホープのハチミツみたいだと思ったりしています。


3.キャビン

チョコレートフレーバーが美味しいものの、ずしんと重い、男(漢)向けのタバコというイメージがあるタバコですが、CMもやっぱりそんな感じですw 



1:17からしばらく、シブくてカッコいいこの曲が流れます。



いいなぁ。男の曲だなぁ。


4.マールボロ

最初の2分ちょっとはマールボロで、以降は別のタバコのCMも出てきます。



マールボロで流れているのはこちらの曲です。



そういやPS4で、ロックスター・ゲームス社からRDRIIが発売されましたけど、そういう感じなのかな?


5.マイルドセブン・メンソール

現行品で言うところのメビウス・プレミアムメンソールに相当する製品でしょうか。メンソールの爽快感をこれでもかと表現していますね。まあ、タバコのメンソールってそこまでのものじゃないですけどねw



このCMで流れているのがこの曲です。この曲もひたすらカッコいいですなあ。




6.キャスター

バニラの香りがとにかく目立っているタバコです。口当たりのよさ、ライトさ(現行品タール5mg)、優しさがCMで流れる曲に合ってますね。



使用曲。今聴いてもいい曲だなぁ。




7.その他のタバコCM

良さげなものを選んでみました。

ゴールデンバット そういやあったなぁ。ゴルバもCM打ってたとはね


パーラメント これが似合う人になりたいものです


セーラム・ライト 優しいメンソールが特徴


ジタン・ブロンド タール6mgでも満足のいく濃さのあるタバコです


ラーク すごい凝ってるCMだ。スピーク・ラーク


セブンスター 日本では最後のタバコCMらしいです




今回はこんな感じです。
CMだけあって、じっと観てるとタバコ吸いたくなりますねw
こういうイメージに特化したCMに今後も出会えたら嬉しいかもです。

"タバコCM曲 特集" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント