Fallout4 SURVIVAL日記 #001

PS4のFallout4で難易度SURVIVALにてプレイを開始しました。

以下は、元軍人の主人公のサバイバル日記です。
ネタバレを含む場合がありますのでご注意ください。



----------

西暦2287年10月25日火曜日


私の名前はENH。これは軍人在籍時のコードネームであり、本名は別にある。

私は、核戦争勃発時に、運良く妻と息子と一緒に核シェルターに入ることができた。
だが、「解凍」されてこの変わり果てた世界に出てきたとき、
もはや知り合いは誰もいなかった。家事ボットのコズワースを除いては。


コズワースは、健気にも私を覚えておいてくれ、
さっそく200年ぶりの食事についても心配してくれた。

ああ、そうだ。さっきから喉がカラカラだし、なにより腹が減った。
画像


そのせいだろう、さっきから目は霞むし、頭もぼんやりしている。
画像



だが、美しい緑と小川のせせらぎに囲まれていたサンクチュアリ・ヒルズは、今や廃屋の立ち並ぶ死の町でしかなく、
ろくに食べ物も飲み物もない。

いや、やむなく各家屋に不法侵入して、いくばくかの肉の缶詰やシリアルを見つけはした。
だが、賞味期限がいずれも2077ないし2080年となっており、
とても口にする気にはなれない。

念のため、核シェルターに蔓延っていた、黒光りのラッドローチの肉を切り取って持ち歩いてはいたが、
やはりこれを口にするしかなさそうだ。

う、うーん。
軍人在籍時にサバイバル演習を受けてきたこともあって、「現地調達」の代物を食すための技術は心得ているし、
そうしなければ確実に飢え死にすることは明らかだ。動けるときにこそ食べなければならない。
それに、胃腸での消化運動にもカロリーは必要とされるから、飢えてしまってからでは手遅れとなる。

だが、生ではさすがに……と考えあぐねながら、サンクチュアリをふらついていたら、放浪者が残していったのだろう、なんと火のかかったクッキングステーションが放置してあったのだ。

ステーションといっても焚き火に毛が生えたような簡易的なものだ。
ああ、でもそれでいい。これでラッドローチを調理することができる。

ほどなくして3つほどのラッドローチのグリルができあがり、すぐに食してみた。

ふむ、よくある昆虫の味だ。これで塩か胡椒があればまだ味を誤摩化せただろう…。


あとは、水だ。この時代にも小川はせせらぎを残している。
しかし、コズワースが警告するには、この世界の土地はすべからく「フォールアウト」の洗礼を受けていると。

秋の冷たい川の水は、見た目は清冽としている。
だが、私も核シェルターに避難するときに、遠方で、常軌を逸した輝度のキノコ雲をはっきりと見たのだ。

だから……ああ……飲めない。

しかしすでに軽度の脱水症状が起きかけている!

私は、やけくそで、廃屋で拾った数本のヌカ・コーラの瓶に川の水を詰め、それをクッキングステーションの鍋にあけて煮沸させた。

残留放射能がそれしきで消え去るとは思えないが、とにかくも「きれいな水」に仕立て上げて、それを飲んだ。

画像


うまい。あとは健康被害がないことを祈ろう。

しかし、喉の渇きがしっかり癒されなかったためか、即席のベッドの上でうなされながら変な夢を見た。

レベルが1つ上がったから、何か能力を1つ進呈しよう、と。

どうせ夢の中でのことだ。疑いもせず懇願した。
この世界のものを飲食しても放射能の無数の針に刺されないで済むようにしてくれ!

「承った」

画像


と声が聞こえたような気がしたが、それが気のせいかどうかは分からない。


さて、朝になった。
コズワースは、近隣の街、コンコードに足を伸ばしてみてはどうかと進言してくれた。
人も見つかるかもしれないと。

それを聴くと急に人恋しくなった。
さっそく出かけてみよう。

----------




と、いうわけで、Fallout4でSURVIVALモードでのプレイを開始しました。
このゲームのプレイは3周目ですが、最高難易度への挑戦ということで、さらなる冒険の日々に期待で胸が高まっています。

SURVIVALモードは、こちらのWebサイトによると、

・手動セーブ不可、睡眠時にオートセーブ
・ファストトラベル不可
・敵がコンパスに表示されない
・Strong Back のランク4は、荷物を持ちすぎてもダメージを受けなくなる効果に変更
・手足などへのダメージ(手足の重症)は自然回復しない
・スティムパックなどの回復アイテム使用時の回復速度が低下
・リフレッシュ・ドリンクのRAD除去効果は -100 に変更
・コンパニオンが持てる総重量が低下
・ダウンしたコンパニオンは自動で復活しなくなり、放置するとおうちに帰ります
・クリアしたロケーションにおける敵、アイテムのリスポーン時間が非常に長くなる
・レジェンダリー出現率はノーマルの1.5倍(ハードと同じ)
・生産してワークショップに保管される水や食料の最大値が低下
・弾薬、フュージョン・コアに重量設定が追加

とのことで、かなり現実に近い内容になっています。
ゲームを開始してすぐに影響が出たのはのどの渇きと空腹によるステータスの低下です。
ただでさえ、敵が強いところに、この影響で時間が経つほどに相対的に敵がどんどん強くなってしまうので、
今回は細やかな探索の計画を立てつつ旅を進めて行くことになりそうです。


それにしても、空腹になると影響が出るというのは、まるでザナドゥみたいですね。

どなたかのザナドゥプレイ動画


どなたかのザナドゥシナリオIIプレイ動画


ザナドゥの難しさは桁違いなので、Fallout4のこの難易度でもまだましとは思いますが果たして……。

"Fallout4 SURVIVAL日記 #001" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント[必須入力]