ローグライク! その7 デッド・セル

皆さん~~ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしょうか~~~~!

私は家でじっとしているか、PS4でローグライクゲームをプレイしています。

今回は、ローグライクでメトロイドヴァニアなアクションゲーム、「デッド・セル」を紹介します~~!


タイトル画面
20200430-1.jpg


メトロイドヴァニアはゲームジャンルの1つで、任天堂の「メトロイド」シリーズの要素とコナミの「キャッスルヴァニア(悪魔城ドラキュラ)」シリーズの要素が含まれているアクションゲームを指すのだそうです。

本作は、サイドビューのアクションで、

中ボス戦。主人公は右側の不死者。
20200430-5.jpg

探索要素やダンジョンの至る所に散りばめられた謎を繰り返しプレイの中で解明していくので、確かに両方のゲームによく似ています。

そして、ファミコンディスクシステムのメトロイドと悪魔城ドラキュラをプレイしたことがある方は分かると思うのですが、どちらも凄く難しいですよね。何度も死んで覚えるみたいな。

メトロイド実況(他の方のプレイです)


悪魔城ドラキュラ実況(他の方のプレイです)



本作もまさにそんな感じです。でも、本作では、確かに下記のようなローグライク要素はあるものの、

・やられたらスタート地点からやり直し

いつも牢獄からの開始
20200430-3.jpg

・マップは毎回作り変えられる

マップの構成はかなり大胆に変動するので、毎回のラウンドクリア時間も大きく変わる
20200430-4.jpg

・主人公の装備は薬を除いて全没収

ただし、この人に話しかけて、
20200430-6.jpg

ダンジョンで入手する「セル」との引き換えにスキルをアンロックすることで、お金はある程度は残る
20200430-7.jpg

という風にお助け要素があるために、プレイすればするほど次のプレイで有利に進めていくことが可能です。
特にボスは強いので、主人公のベースをしっかり底上げすることはとても大事です。

でも、操作がうまい人は、お助けに頼らずともクリアも可能なあたりは柔軟性があります。
私は下手下手ゲーマーなので、お助け要素は何でもかんでも入手したいところですw


それで、本作のつくりなんですが、主人公の動き、これがすごく滑らかで、プレイしていてほとんどストレスを感じません。
サイドビューアクションなので、思い通りに操作するのは難しいのですが、主人公はストレスを感じにくい動きをしてくれるので、主人公を操作しているだけでも一種の快感があったりします。ほんとにいい仕上がりになってます。素晴らしい出来です。

なので、プレイ自体は難しいのに、「またプレイしよう」という気持ちにさせてくれます。うん、大事ですよね、そういうことって。
製作者さんは、かなりのこだわりを持って本作を作り込んだのだ、と思わせてくれます。

これは買って損なしのゲームだと思いますよ。DLC込みのものを購入して、じっくりと遣り込んでみてください。納得のいく難しさなので、丁寧にプレイすればきっと次のラウンドに進めますよ。



キャプチャーギャラリー

遣り込み要素の1つ。でも、これを無視していろんなプレイを試してみるのも大事
20200430-13.jpg

アイテムをアンロックするとここに飾られるが……これもしかして、全部がアイテムで埋まる!?
20200430-15.jpg

綺麗な風景、でもこの先には……
20200430-8.jpg




プレイ例(他の方のプレイです)









YouTubeで観た動画






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント