インファマス セカンドサンをクリアしたよ!

PS4で煙オープンワールドアクションゲームをプレイしていましたが、3連休の最初日となる本日に見事クリアいたしました!


エンドロール
20200320-3.jpg

エンディング後(やり残しをプレイできる)
20200320-2.jpg

全エリアでヒーローサイド100%クリアです!
20200320-1.jpg


総プレイ時間は約20~30時間といったところでしょうか。オープンワールドゲームとしては短いプレイ時間ですが、なかなかにやりごたえはありました。

それでは、各項目ごとに本作「インファマス セカンドサン」のプレイを振り返ってみます。


1.ジャンル
ほぼ純粋なTPSアクションゲームでした。RPG要素はありませんが、メインミッションを進めていくことで、主人公デルシンが使える武器(というか攻撃的超能力)やアクションといったスキルが次々に増えていきます。そして、ほとんどのシーンで自分好みの武器やアクションを選択してプレイできます。
アクションゲームの場合は難易度によってプレイのしやすさがかなり変わるのですが、それは本作も同じで、「やや難しい」ゲームだったと言えます。
私の場合は今回は難易度を「ノーマル」に固定してクリアしましたが、終盤に近いボス戦やラスボスでは結構ゲームオーバーになりましたよ。
ただ何度も失敗していくうちに、慣れてきて無駄な動きを抑えられてくるので、諦めないでいろんな操作や攻撃を試してみると道が開けるようなゲームでした。

上記で武器やアクションが増えていく、と書きましたが、これらはミッションを進めていく間でいろいろと積極的に試しておいたほうがいいです。そうしないと、ボス戦で同じやられ方を何回もしてしまうと思います。ボス戦では、いかにして手に入れたスキルを戦いの中で使っていくかを問われるので、好奇心を持ってじゃんじゃん新しいスキルを試してみましょう。

2.オープンワールド
ワシントン州シアトルの市街地が中心となっていて、スペースニードルのようなランドマークや、遠景にはマウント・レーニアがあったりと、かなり忠実にシアトルを再現しているようです。まあ、ビルばっかりの都市なのですが、本作ではそれが空中アクションには欠かせないものとなっていて、いい場所をゲームの舞台に選んだなぁと思いました。
敵とのバトルは激しいので、アクション中にはシアトル観光をしにくいでしょうが、エリアを完全に開放すると巡回敵車両以外の敵はいなくなるので、そのときにでものんびりとシアトルの名所巡りをしてみるのもありです。

3.ミッション
オープンワールドのゲームらしく、本作もメインミッションといくつかのタイプのサブミッションでシナリオが構築されています。
メインミッションを進めるためには、最初は敵組織のD.U.Pに100%占拠されている各エリアを少なくとも70%は解放する必要がありますが、残りについては先を早く進めたい人は電話マークのミッション以外は全残しでもいいし、今回の私のように各エリアできっちり全てのメインミッションとサブミッションをこなす、というのでも問題ありません。更に本作では無料DLC的ミッションもあるのでそれにも取り掛かれます(私は今回はそれはスルーしました)。
サブミッションの中には、「工作員の排除」のような難易度が高いものもあるので、何度やってもうまくいかないミッションがあれば当面は放置して先に進めたほうが良いと思います。本作はそういう自由度があって遊びやすいと思います。

4.ボリューム、全体観
本作では主人公をヒーローサイドに導くのか、あるいはダークサイドに堕落させるのかでシナリオ分岐があるので、20~30時間と言っても全体的なボリュームはその倍になるので、そんなにボリュームが少ないわけではないです。
それに、純アクションゲームなので、このくらいのボリュームでちょうどいいと感じました。
本作のメーカー、サッカーパンチはかなりプレイの進行管理に力を注いでいて、「このままだと飽きそうだな」と思い始めたあたりの絶妙なところでちょっと変わったメインミッションを挟んでくるので、結果としては「飽きにくい」ゲームに仕上がってます。
各エリアで全部違うミッションのタイプだと疲れるし、かと言って各エリアで毎回同じタイプのミッションだと飽きるし、というところで本当にいい匙加減でプレイヤーのプレイがダレないようにしているのは素晴らしいです。
このことは実際に皆さんもプレイをしてみると同じように感じることでしょう。

5.評価
アクションゲームなので、まったりとプレイしたい人にはやや辛いかもしれません(難易度を下げればまったりしやすいかも)。
しかし、主人公が持つ超能力の各アクションはまさに「21世紀の超能力」といった感じでビジュアルとしてはとても刺激的でした。
まったくダサい感じがないのは良いです。
ストーリーも最後までプレイすると、善とは、悪とは、あるいは、正義とは、について考えさせられるのでこれもいい感じでした。
まあ複雑な考察とまではいかないですが、アクションゲームなので、本作のようなあっさり目な方が無理がないと思いました。

ラスボスは……何度も何度もやられて大変でした。うん、本当にw
でも、操作に慣れればかならず道は開けてきます。それに、再トライ時の巻き戻しはちょこっとなので、やり直しもさほど苦ではありませんでした。

というところで本作を星10個満点で評価すると、

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

となるでしょう。

まあ、星8個な感じでもあるのですが、サッカーパンチの絶妙なゲーム構成に本気さを感じたので1個星を増やしました。
総プレイ時間も短めなので、あまり頭を使わずに本能が赴くままに派手なアクションに興じたい方はプレイしてみてください。きっと満足感を持って楽しめますよ。




キャプチャーギャラリー

善にも悪にもなる主人公らしい顔つき
20200320-4.jpg

足の裏のようなトラック
20200320-5.jpg



各プレイヤーさんによるプレイ例













YouTubeで聴いた曲





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント