映画 パシフィックリムを視聴した

ギレルモ・デル・トロって監督さんの名前はつい最近、PS4のデスストランディングの主要キャラの1人の役として出ている(風貌のみ)、ということで初めて知りました。ので、当然本作のことも題名くらいしか知りませんでした。

もちろん内容も全く知らないままで昨日までの連休で観たのですが、カイジュウSF映画だったんですね。今回はアマゾンプライムで視聴しました。

ゴジラの監督の本多猪四郎に本作を捧げているということもあり、CGメインでしょうけど、ゴジラの暴れっぷりと、日本の特撮もの、ロボットものを全面でリスペクトかつオマージュかつインスパイアした内容です。

本作は2013年の作品ですが、さすが、21世紀の特撮SFは凄い! カッコイイ! と画面に釘付けになって味方ロボと敵カイジュウががっぷり四つに組みあって死闘を繰り広げる様をたっぷり堪能しました。

カイジュウはゴジラとか円谷プロの怪獣、味方ロボはかつての日本アニメで出てきたロボットと、ロボのパイロット2人が意識をシンクロさせてロボを動かすというのがエヴァンゲリオンって感じでした。
でも、パクリにはなってなくて、上記の作品群をハリウッド的にきっちり「昇華」させていて、ロボの動作とか必殺技のリアリティもなかなかイケてましたよ。

ロケットパンチ!

って声を出しながらカイジュウにパンチを繰り出すところとか、ちょっとラグがあってから技が実行されていて妙にリアルでしたw
この、技名を声に出すあたりはもろに日本の作品的でそのパロディには笑いましたよ。

カイジュウがどこか着ぐるみっぽいのもまたオマージュなんでしょうかね。中に人が入っているような敵の質感とかに監督のこだわりを感じましたよ。


ストーリーは今風の説明で古臭くはなかったです。
シナリオは、よくも悪くもハリウッド的で、そこはまあ凄いほどではないです。
でも、こういう特撮SFものに、暗めの心理描写とかはいらないので、むしろ本作のように割り切った進行にしているのは結果としては良かったと思います。

「竹ノ塚ファイナンス」の微妙なフォントの看板みたいな怪しいアジアントーキョーっぷりに「これワザとだろ!」と笑いながらツッコミを入れつつ本作を星10個満点で評価するなら、

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

となるでしょう。あまりにもコテコテのハリウッド節の分だけ1個星を減らしましたが、エンターテインメントとしてはとてもよくできた作品だと思います。気分転換にも最適なので、花粉症とかでずぅぅぅぅんと気分が優れない人にお勧めですよ!
特にロボットもの、特撮ものが好きな方には必ず刺さると思うので観てなかった人はすぐ観ましょう!