感銘を受けたゲームを振り返る その9(音楽ゲーム)

デスストに感銘を受けたのをきっかけに、過去に感銘を受けたゲームを記載していっています。


今回は、音楽ゲームで感銘を受けたゲームのリンクを張っていきます。

各リンクは、それぞれ各動画投稿者様のプレイ動画となります。大きな画面で鑑賞されたい方は、動画内の下部にある「YouTube」をクリックすることで、元の動画ページに移動します。


1.jubeat(コナミ)


ゲーセンの音楽ゲームに興味が沸いた最初のゲーム。
目で見ながら叩けるので、初心者にもやさしいのが良かった。


2.REFLEC BEAT(コナミ)


このゲームを初めて見たときになんという天才の所業! って思った。リズムとエアーホッケーを合わせてそれがゲームとして成立するなんて凄すぎる。
ポップンを始める前は結構やり込んだ(うまくなったわけではない)。


3.pop'n music(コナミ)


このゲームを最初にプレイしたのはドリームキャスト版だが、本格的にゲーセンでプレイし始めたのは2011年から。
最近の音楽ゲームと違って手元のボタンを見ずに叩くのでハードルがかなり高かったが、PS2ポップン用のゲーセンコントローラーを中古で買って特訓することでようやく最初の壁(メロディとベースを一緒に叩く)を超えることができ、LV43まで到達した。


4.チュウニズム(セガ)


セガらしい変わった叩かせ方をするゲーム。
新しい版権物への食いつきは早く、流行に素早く乗っているゲームと言える。


5.ノスタルジア(コナミ)


同じメーカーのキーボードマニアの進化系。キーマニのときには鍵盤1つのみがノート1つに対応していたのでピアノと同様に正確に叩く必要があったが、本作は複数の連続した鍵盤のどこかでノートを叩ければいいため、ピアノ未経験者や初心者でも気軽に弾けるようになっている。


6.ギタドラ(コナミ)


ドラム機材を準備せずとも、ゲーセンに行けばデジタルドラムを叩けるのは嬉しい。両手両足を使うので、脳の活性化にも繋がるのではないか。


7.Deemo(Rayark)


リズムゲームの部分とストーリーの部分を楽しめる。ストーリーの演出の仕方等は、初代ノスタルジアに影響を与えたかもしれない。




という感じになりました。
最近はゲーセンに出かけて音楽ゲームに触れる機会も減りましたが、中年の脳の活性化には音楽ゲームが一番だと思うので、暖かくなったらゲーセンに顔を出して新しい楽曲のプレイに挑戦してみようかと思います。


なお、2010年代に感銘を受けたゲームは、当ブログの「ゲーム」「Fallout」「艦これ」カテゴリの記事に出ているゲームとなります。2010年代の特に後半は洋ゲーのプレイの割合が多かったです。国産ゲームもデスストをきっかけとして少し冒険してくれたら1ゲーマーとして嬉しいなぁと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント