デスストランディングのプレイを始めた

PS4で荷物運びゲームのプレイを開始しました。


元コナミの小島監督が独立して作ったゲームということで、かなり話題になっていますが、私もついに購入しました!


OP画面
20191110-1.jpg

主人公はサムという青年男性で、

右がサム
20191110-5.jpg

仕事は荷物運びです。

ありふれた仕事ではあるのですが、この世界では非常に珍しい職業となっています。

重い荷物を運ぶサム
20191110-2.jpg

というのも、この世界には姿が見えない敵がおり、その敵に捕まると絶命が免れないため、屋外に出ようと思う人がほとんどいないためです。

じゃあサムは? ということになりますが、サムはちょっと変わった力を持っており、そのために彼は「DOOMS(能力者)」と呼ばれています。

しかしサムとて敵に捕まるとアウトのため、敵を警戒しながらの移動となるのですが、荷物を運ぶルートは平坦なところばかりではなく、

山や川を進む必要もあります。

流れに捕まると怪我することもあります
20191110-3.jpg

サムが運ぶものには、ボックスに入るものから、

重い荷物でバランスを崩すと転倒します
20191110-6.jpg

20191110-9.jpg

果ては遺体まで、何でも運びます。


この世界は、とある理由で各都市との連絡が途絶えており、サムには各都市との通信・連絡の復旧を任されます。
その復旧を実現するために、サムは必要なものを運搬していく、というゲームです。


とまあ、なるべくネタバレにならないように書いてみましたが、まあ、とにかくすごいゲームです。

まずはグラフィックがすごい。アップになった人物の顔は、毛穴がわかるほどリアルです。
PS4ってここまでできたのか、と驚きました。おそらくこれまでのどのゲームよりもリアルだと思います。

それと世界観。このゲームはポストアポカリプス的ではあるのですが、ちょっと事情が違っていて、荒廃した世界は進行形で人類滅亡に向けて進んでいます。それを阻止できるのかどうか、現時点では、敵があまりにも強力すぎて、どうやったらいいのか見当もつかないです。

そんな危険な世界でサムを操作していくというのは、不安でもありますが、いったいこの先はどうなるのかと考えると時間を忘れてプレイしてしまいます。

音楽も素晴らしいです。さりげなく挿入される曲がとてもいいです。

これからストーリーが動き出す感じなので、今後も精力的にプレイしていくつもりです。



キャプチャーギャラリー

運搬した荷物は依頼主によって評価される
20191110-7.jpg

この人物の声優は大塚さん
20191110-8.jpg

ストーリーの鍵になるであろう胎児「BB」
20191110-15.jpg

バランスを考えて荷物を持つ
20191110-11.jpg

おお、モンエナだ(もちろん飲める)
20191110-13.jpg

サムに都市間の連絡復旧を依頼した人たち
20191110-10.jpg

いつか対峙するであろう敵
20191110-12.jpg









YouTubeで見つけた動画

IIDXもプレイしなくなったなぁ


可愛いので選んだ


本気で怒ってるんだろうけど吹いた







HI! VEVO Vol.176

Europe - The Final Countdown (Official Video)


ああ、この曲か






クラシック曲を忘れない Vol.76

交響詩 死の舞踏


サン=サーンス作曲。墓場から起きだした骸骨たちの舞踏会です。







ニコニコ動画のリンク


動いてるのは初めて見た




有能すぎる人だ




結構難しいゲームだと思った



コカ・コーラ社が出したチューハイ、最近よく買ってる