ディープラーニングG検定を勉強中 その3(関数)

早速、書籍「最短コースでディープラーニングの数学」の内容に取り掛かることにしました。

まずは、2-1-1の関数の内容を読みました。

入力した内容を加工して出力するとき、その加工内容が関数で、数式の例としては、
下記のものとなります。

2-1-1.png

このとき、x=1なら f(1)=2、x=3なら f(3)=10になるわけです。
うん、流石にこれは分かる。

で、これをPythonで組んでみました。

参照サイト
プログラミング速報(SymPyで関数に数値を代入:subs)
Qiita(【Python】2次関数をグラフにプロットする)

#2-1-1 関数 x=3の計算結果と関数y=f(x)のグラフ
-------------------------------------
%matplotlib inline
from sympy import *
import matplotlib.pyplot as plt
import numpy as np

def main():
 var("a:z")

 #関数の計算
 f = x**2 + 1
 f1 = f.subs([(x, 3)])   #f(x)のxに3を代入
 print("f(3)="+str(f1))

 #グラフの描画
 x2 = np.arange(-4, 4, 0.1)  #xの範囲は-4~4、0.1単位で点描する
 y = x2**2 + 1  #グラフ用の計算
 plt.plot(x2, y)  #グラフの点描
 plt.show()

if __name__ == '__main__':
 main()
-------------------------------------
出力結果
f(3)=10

y=f(x)のグラフ ※赤い線は手書きです。
2-1-1graph2.png


Pythonは数式モジュールで計算も関数f(x)としてできるし、グラフ描画も簡単なので使いやすいですね。数式がもっと複雑になればその良さをもっと体感できるのでしょうか。楽しみです。

進捗状況
最短コースで分かるディープラーニングの数学
46/328ページ まで読了(14.0%)

試験まであと69日

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント