RAGE2をプレイ中 その3

皆さんこんにちは。eの人@七ノ月アンチテーゼです。

PS4で、未来の世紀末シューティングゲームアクションゲームのプレイに取り組んでいます。


このゲームのシステムやクセにも慣れて、ぎゅんぎゅんミッションを進めています。

このゲームのミッションの難易度は1~10まであって10が難しいのですが、難易度7くらいなら、ゲームオーバーにならずにサクサク進めることができている感じです。

ステルス攻撃系ではないので、覚悟を決めたら特攻気味にアジトに乗り込んで、敵が混乱しているうちに、どんどん敵を倒していくので、爽快感があります。

おそらく難しくなるとしたら、レンジャーの各要素をMAXまで上げてからもさらに強い敵が出てきたときに、相対的な難易度が上がってしまうのかな、というところです。

積極的かつ先手を打つようなアクションが重要なゲームなので、おそらく終盤は結構な難しさになるはずです。

難易度8以上のミッションを進めていくのは、なかなか勇気がいりますが、自分の腕を信じて突き進んでいきます。




キャプチャーギャラリー


世紀末ALTちゃん
画像


(参考)ALTちゃん動画1


(参考)ALTちゃん動画2



バイソンみたいな野生動物。大人しいが、攻撃するとどうなるのか…
画像



無駄に電子部品を使った例
画像



パワー系ビークル。鈍足なので、使いどころに悩む
画像










最近聴いた曲


3倍アイスクリームって言ってる



いい脇に魅了された







HI! VEVO Vol.158

System Of A Down - Chop Suey!


みじんぎり~~~





クラシック曲を忘れない Vol.58

ヴァイオリンソナタ 第1番 第1楽章


フォーレ作曲。ヴァイオリンの鮮烈さとピアノとの掛け合いがとても好き。










ニコニコ動画のリンク




サルーンでミルクを注文した人に頭にかけながら飲ませてみたい




思い通りに動かすのがまず難しンだわ




まん丸すぎるゆで卵のスライスはこれ



冷し中華をものすごく久しぶりに食べた(近年はつけ麺ばっかりだった)

漫画 味いちもんめ 全33巻を読了した

私は(偏った)情報収集のためにTumblrを続けているのですが、そこでたんぶらこ~たんぶらこ~と流れてくるリブログで知る著作物は結構な数にのぼります。

今回の漫画も過去に少しだけ読んだことはあったものの、ちょっと前にTumblrでとあるページ(ワサビと醤油の使い方)のリブログが流れてきたことから、これをきっかけとして最初からきちんと読んでみることにしたのです(kindle版を読みました)。


本作は、京料理を中心とした一流の素材による一流の料理とサービスを堪能できる新宿の料亭「藤村」と、その厨房の人たち、そして様々な客との人間模様を描いているのですが、

とにかくこの漫画は「実直」!
その感想に尽きます。

派手さはほとんどないのですが、料理への想いは他の料理漫画と比べてもかなりなものです。


昔ながらの板前制度の下で働く料理人たちは、料理長となる花板やその次の地位となる立板に、ときには叱られ、ときには殴られながらも、料理の腕前の熟練と人間的成長を遂げていくのですが、その様子の描写には、常に料理への愛が溢れていることを強く感じました。

花板の熊野さん(親父さん)は、自身がかなり厳しい料理修行を受けてきて、プロの料理の世界の難しさと厳しさを体験しており、それを部下の料理人たちにも実践するのですが、意味もなく感情だけで怒るようなことはなく、よりよい料理の実現のためにこそ部下たちに「アホー!」と厳しく接します。

それを受けて、部下の面々も、「馬鹿野郎っ!」とより下の者を大声で叱ります。
しかし、それは厳しい親父さんから受けた叱責の鬱憤を晴らしたいからではなく、親父さんの意図を汲み取っているからこそです。時には怒りすぎて暴走しそうになったりもしますが、それを諫めるのもまた親父さんだったりします。

いずれにしても、僅かなミスも許されず、日々厳しい料理労働と、安い(と思われる)給料でも藤村から料理人が一人も逃げ出さないのは、ひとえに親父さんの、素材と料理への深い理解とこだわりがあってこそです。
だからこそ、立板も煮方も焼方も揚方も追い回しもそれぞれの立場に納得して、全力で対応できるのです。


こうした、料理人の上の者から下の者への厳しい対応には意味があることを、読んでいくなかで多くの方が実感できると思います。ただ不味くなるだけならまだしも、例えば、この業界がもっとも恐れる食中毒への防止のためには、優しい対応はまるで無意味だからです。

それに、やはり不味いのは、いや、一流と名の通っている藤村では、美味しくないのは論外だし、そこそこ美味しいくらいは到底容認できるものではないのです。

それは、店の、あるいは板前としてのメンツもあるし、何より高い料金設定(コースは安くても8千円から、本作の後半からは1万円から)をしている以上は、ネームバリューや新宿という土地柄だけではなく、その仕上がった料理が「完璧に」「最上に」美味い、ことが必須だからです。

それ故の、そのこだわりを日々続けているからこその「一流」であることを本作は読者に訴え続けます。
場所が、ブランドが、価格が一流を作っているわけではないことを著者は作品の中で読者に知らしめているのです。


ストーリーは各話読み切りスタイルで、話の中には、他の料理店のことに触れていることも少なくないのですが、その中で、良い店とは何か、良い料理とは何か、良い客への対応とは、あるいは良い客とは、等について対比しており、藤村の料理人だけでなく、読者も一緒にそのことに気づけるようになっているのは面白い作りだと思います。

そうしたストーリーの進め方で、読者は単に素材の名前とか料理の名前という知識が浅薄に蓄積していくのではなく、素材とは、料理とは、味とは、四季とは、そして日本とはの各々について理解を深めていくことができるのです。
本作をただ読み流すだけでも、食とそれにまつわる日本について、しっかりとした「蘊蓄」を積み重ねていくことができるのです。


なお、本作は、ストーリーとして完結することなく、突然ぷつっと終了してしまうのですが、それは原作者のあべ善太さんが51歳の若さで急逝されたことに依ります。

なんでも、あべさんは、国語の高校教師との掛け持ちで(!)原作の提供を続けてこられたらしく……
まあかなり無理をされたのだろうと推測します。

それにしても、あべさんはてっきり現職の料理人の方だとばかり思っていたので、国語教師でここまでしっかりした(あべさんへのファンからのレターにはほとんどクレームがなかったそうです)内容にしてしまうとは、ただただ恐れ入るばかりです。料理人の監修もないようですし…

料理や料理界への表現でクレームがないほどの内容にするにはよほどの取材と理解の蓄積がないとできないはずで、その素晴らしいクオリティの保持に、あべさんは自らの肉体を捧げてしまわれたのかもしれないですね。


なお、本作の人気を受けて、なのでしょう、原作者が別の人になって、本作のシリーズは続いています。
私も藤村で働く人々の成長が気になるので、続けて他の「味いちもんめ」シリーズも読んでいくつもりです。
最初は追い回しから始めた主人公格の伊橋君が花板として活躍するシリーズとかめっちゃ気になるので、これからも読んでいくのが楽しみです。

RAGE2をプレイ中 その2

PS4版のアクションシューティングゲームをプレイしています。


プレイをしていくうちに、このゲームの世界のことがいろいろ分かってきました。


1.隕石が衝突して世界が崩壊したけど、再興しつつある世界

ウェイストランドが舞台ということもあり、大部分が荒廃していて人もほとんどいないのはこれまでのウェイストランド系ゲームと同様ですが、どのゲームよりも再興が進んでいます。

再興の最たるものが、電気でしょう。

交易所の入り口
画像


明々とした電飾が使われ、街中でも多くの電灯が光っています。


2.電子製品の利用

この世界では、過去文明の遺産をうまく活用できており、コンピュータが日常生活に入り込んでいます。

歩きタブレット
画像


一般人も普通にタブレットを使っていることから、新規に電子製品を作り出す技術が出来上がっているようです。


3.行政

交易所の中には、高度に文化が発達した場所もあり、

市役所
画像


交易所内では、選挙に基づいた市長がおり、治安部隊が街を守っていたりします。
さらには、図書の普及も進められており、

本の閲覧スペース
画像


教育施設こそまだないし、識字率も低いながら、一般人も世界崩壊前のように本を読む人が増えてきていたりします。

そうそう交易所の管理ではないものの、テレビ局もあったりして、

画像


文明の再興が著しいです。



4.移動手段

この世界ではガソリンを使ったビークルが普通に運転されており、台数は少ないながら、高速移動手段を持って生活しています。しかし、ビークルで悪さをする連中もおり、そういう輩には、レンジャーであるプレイヤーが成敗してウェイストランドの治安に貢献したりするのでした。

危険な運転をする奴らはレンジャーが始末します
画像



5.敵の種類

この世界には大きく4種類の敵がいます。

・グーン・スカッド
・ミュータント
・シュラウド
・オーソリティ

グーンはいわゆるヒャッハーで、場所ごとでの勢力に留まっている、快活でゆかいな仲間たちです。
ミュータントはエイリアンみたいな風貌で、遠隔武器はあまり使わないものの群れて行動するため、主人公の火力が弱いうちは手こずる敵です。
シュラウドは、私設軍隊みたいな存在で、なかなかの強敵です。中にはアサルトライフルの弾を刀で弾き、ステルス迷彩まで行う忍者みたいな敵もいて結構手こずっています。
オーソリティは、各交易所とレンジャーの共通の敵で、主人公の仇敵の組織でもあります。
空中移動できるアーマーを着用しているし、巨大な敵は操るしで、あまり真っ向からは戦いたくない敵だったりします。


6.難易度

このゲームがPS4のDOOMに似ていることから、最近は中断していたDOOMのプレイも並行して続けているのですが、DOOMの方が難しい感じです。RAGE2は身体、レンジャースーツ、武器、ビークル、交易組織LVのそれぞれに成長要素があるので、これをまんべんなく強化することで、相対的な難易度を下げることができる分、プレイしやすいと言えます。
DOOMにも成長要素はあるものの、かなり緩やかな成長なのと、基本はアクションテクニックで各場面を切り抜けるしかないために難しく感じています。でもトライ&エラー(トライアル&エラー)で、先には進めています。



と言う感じで、プレイを進めていきます。



その他、キャプチャーギャラリー

野生のトマト?
画像


銃でも打ち抜けないほど硬いため、放置されています。


まさかの自動販売機
画像


こんな殺伐とした世界に自販機とは恐れ入りますが、かなり頑丈な造りなので、ヒャッハーも手を付けないようです。


ウェイストランドの風景
画像


隕石が落ちた世界にも太陽は昇り、沈みます。












ニコニコ動画のリンク


吹いた




デトロイトに本社がある(なお、市街地




宇宙ヤバス



最近アニメを観てないからまた観るようにしよう

スコットランドのお屠蘇!? ドランブイを飲んでみた

皆さんこんにちは。eの人@雨二想ウモノです。


私はWikipediaが大好きで、何もすることがなくて暇なときには、何の目的もなくWikipediaでいろいろな項目を読んで楽しむのですが、中でも「おまかせ表示」でランダムに項目を出すのが好きだったりします。

何が出てくるのか楽しみでもあり、ときにはピエロの殺人鬼のページ(リンク先閲覧注意)みたいなのが出てきてヒェッとなることもあったりしますが、概ね、想像もしない項目に、また1つ知識が増えたような気がして嬉しかったりするものです。

それで、いつものようにWikipediaでおまかせ表示をしていたら、今回の「ドランブイ」が表示されたのです。

いやー、お酒の種類は少しは知ってたつもりでしたが、ドランブイなんてお酒、長年生きていて初めて知りました。
それで、これも何かの縁と思い、速攻でAmazonでポチって購入したのでした。

ドランブイ(リンク先はAmazon)
画像



ドランブイという名前は、スコットランドの方言であるゲール語の「飲む」を意味するdrumと、「満足な」を意味するbuidheachから来ているのだそうで、元々はスコットランド王家の門外不出の秘酒だったのが、とある経緯で民間に製法が開放されたとのことです。


ドランブイは、スコッチウイスキーベースのリキュールで、アルコール度数は40度で通常のウイスキーと同じくらいですが、大きな特色は、ヒース・ハチミツエキスが35%分も含まれているということです。

ハチミツの色が影響しているのか、グラスに注いでみると、

画像


一般的なスコッチウイスキーよりもやや薄い、でも金色に輝くような色合いをしていました。

それで、このストレートをちょびっと飲んでみたのですが、


甘っ!!


ものすごく甘いです。それでいてアルコール度数は40度ですから、少しむせてしまいましたw


あまりにも甘すぎてハチミツというか砂糖そのものみたいな甘さを感じました。

エキス分が35%というのは割合としてきっとかなりのものなのでしょう。

というのも、水に砂糖を混ぜてみると、ゆらぎのようなものが見えると思うのですが、それがこのお酒にも現れているのです。

糖分がウイスキーの中で飽和しているような感じなのです。


それで、次に水で割ってみたのですが、

画像


ああ、これでようやく普通に味わえるような感じになりました。


それで改めて味わってみると……


まるでお屠蘇みたいな味! です。


ヒース(ヘザー)ってつまりはハーブなわけですから、内容としては日本のお屠蘇と同じようなものなのでしょう。

そのお屠蘇風味が強いために、スコッチウイスキーのスモーキーな風味はほとんど感じられませんでした。


なので、逆にウイスキーのスモーキーさが苦手という方にはむしろこのお酒はいけると思います。


ハーブだけだと独特な風味でアレな感じで薬みたいになってしまうところ、ハチミツの糖分で、とても飲みやすくなっています。

それと、ベースはスコッチウイスキーですから、おつまみもウイスキーに合うものなら同様に合うと思います。

私はビーフジャーキーで飲んでみましたが、ハーブの風味とよく合って美味しかったです。


2杯目は、炭酸水で割ってみましたが、甘味の強さで? 炭酸が目立たなくなってしまって、あまりハイボールみたいな印象は得られませんでした。

というか、このお酒は炭酸で割らないほうがいけるのかもです。お屠蘇も炭酸では割りませんし(まあお屠蘇はベースが日本酒なので……あ、でも炭酸の日本酒も販売されてますね)。


というわけで、珍しい味のお酒ですから、気になった方は飲んでみてください。カクテルとしていろんな合わせ方があるみたいですから、きっとお酒の世界が広がりますよ☆










HI! VEVO Vol.157

The Lumineers - Scotland (Audio)


スコットランド、という名の曲。






クラシック曲を忘れない Vol.57

オールド・ラング・サイン


スコットランド民謡で、日本では「蛍の光」のメロディの曲です。
元々の歌詞は、旧友と酒を酌み交わす、という内容で、ドランブイを飲み交わしながらなんてことも実際にあったかもですよ。

RAGE2 のプレイを始めた

             モデウロダリクッビ
皆さんこんにちは。eの人@訳ノ分カラナイモノです。



PS4では現在リディ&スールのアトリエというゲームをしているのですが、スイーツのように甘い雰囲気のゲームで面白いながらも若干刺激が足りないので、それを補うべく、ベセスダの新作となるこのゲームを開始してみました。

OP画面
画像



RAGEには「激怒」とか「逆上」という意味があるそうですが、パッケージの人物を見る限り、まさにそんな感じですね。


このゲームの舞台は「ウェイストランド」ということで、
この言葉に、!?

となった方も多いかと存じますが、そう、このゲームも洋ゲーの「ウェイストランド」シリーズや、「フォールアウト」シリーズの世界観で生きていくゲームなのです。


ただ、少なくとも、序章はこれまでのこれらのシリーズとは趣が異なっており、

画像


まるで、PS4版の「DOOM」をプレイしているような錯覚に捕らわれました。
主人公「レンジャー」は、エイリアンみたいな敵を相手に、基地の中を、ヒットアンドアウェイで目的地に向かうのです。

それで、最初は、「ふーん、DOOMみたいだし、これってRPGではないのかな~?」

と考え始めていたのですが、でも、それは杞憂でした。

このゲームの舞台はやっぱり「ウェイストランド」なアクションRPGなのです。


序章が終わって、とりあえずの目的が明確になると、主人公の生まれ故郷のある基地から、ビークルを駆って、

一番最初に手に入る、対話式AI搭載ビークル「フェニックス」
画像


広大なウェイストランドに旅立つのです。

ウェイストランドのマップの(おそらく)一部
画像



装甲車みたいなビークルを駆るのには理由があり、
それは、この世界には「ミュータント」と呼ばれる改造生命体と、ヒャッハーな荒くれ者が至る所に蔓延っているためです。

至る所にあるヒャッハーさんのアジト
画像


ヒャッハーさん
画像



それで、まだ2時間ほどしかプレイしていないのですが、このゲームは、

・DOOMのような戦術性
・ウェイストランドシリーズの世界線
・フォールアウトっぽさはあまりない(今作は放射能汚染は関係ない)
・ヒャッハー!(フォールアウトっぽい)
・地球というよりは、どこかの地球型惑星での話っぽい
・ビークル!(マッドマックスっぽい)
・クラフト要素あるっぽい

感じだと思いました。


ウェイストランドやフォールアウトシリーズでは、移動のメインは徒歩でしたが、今作はビークルでの移動がメインとなっています。

もちろん徒歩でも移動できるし、敵アジトへの侵入はビークルを降りて乗り込みます。
でも、マップがかなり広くて、最初のミッションの場所に向かうにしても、徒歩ではあまりにも時間がかかりすぎるのです。


それと、ヒャッハーにしても、ミュータントにしても、なかなかに強いし、主人公の体力回復は早々にはできない感じなので、できる限りビークルに乗ったまま、敵を蹴散らした方が戦いやすいと思いました。

最初からがっちり装備を固めて襲い掛かってくるヒャッハーなどもいるので、生身で銃だけで、というのはかなりヘビーな戦いになるはずです。



ちなみに、女ヒャッハーは、フォールアウト4の女レイダーの声と同じみたいです。っていうか、話し方がそっくりなのでちょっと吹きましたw


中毒性はかなり高いので、今後もプレイを続けていきます。




キャプチャーギャラリー


地盤からしておかしくなってしまっているかつての都市部
画像


様々な素材が手に入る
画像


道路を走っているよろず販売車。クラクションを鳴らすと、止まってくれる
画像


ビークルは、主人公が着ているレンジャースーツの能力によってどこでも修理可能
画像












ニコニコ動画のリンク



この前ようやく一周した




PS4版DOOM実況




北斗の拳も東方もRAGE2も似たようなものだ


リディ&スールのアトリエをプレイ中 その8

PS4で可愛い双子の女の子が活躍するシミュレーションRPGをプレイしています。


ストーリーは、国の存亡に関わる出来事に1つの区切りが付き、落ち着いた展開になりました。

そこで、錬金術士ランク管理係のお姉さんから、バカンスを進められたりしました。

画像


しかし、バカンスという言葉のイメージとは異なり、このバカンスの章は、自分に取っては難易度が高かったです。

というのも、こういう爆弾系の道具を納品する必要があったのですが、

画像


普段の錬金をさぼっていたために、この道具を作るためのヒントが全くない状態となり、あわや詰みかけました。


このゲームには、錬金の道具をつくるための「レシピ」というものがあるのですが、
錬金の道具の上位のものになると、下位の道具を下地にしているため、下位の道具の錬金を完成させてないと、上位の道具に至る道が全く示されない場合が出てくるのです。

ただ、ノーヒントぎみだったとは言え、未完成にしているレシピを1つ1つ作り上げていけばいいので、それによって詰みは回避されます。


このゲームは錬金がメインなので、それは日ごろからしっかり取り組んでいなければならない、という暗黙のルールを改めて理解した感じです。


それにしても、このゲームは地味にボリュームが大きくてですね、まだまだクリアまでの時間がかかりそうです。
なので、このゲームは継続しながらも、ちょっと他のゲームにも取り組むことにしました。

まあ、そんなわけなので、このゲームにはのんびりと付き合っていくつもりです。



キャプチャーギャラリー


騎士が画面の奥にいる錬金術士(年頃)をナンパしようとするが、強固すぎるガードに阻まれる事態に
画像


エアドロップ~、の言い方が「ド○えもん」みたいだったw
画像


リディちゃんらしからぬアウトな発言!?
画像










HI! VEVO Vol.156

Madeon - All My Friends (Official Audio)


静画に見せかけた動画







クラシック曲を忘れない Vol.56

ソナタ ニ長調


スカルラッティ作曲。演奏に見入ります。

梅雨に(私が)聴きたい曲! 特集

今年、令和元年の関東地方の梅雨入りは6/7ごろなのだそうです。

それで、いよいよ雨の季節になったわけなので、梅雨とか雨とか雨っぽい感じの曲を聴きたいなぁと思い、各アーティスト様のリンクを下記に張ってみました。聴いてあなたも梅雨と一体化してみましょうよ☆


雨のラップ
Mazde ft. Khary - Neverland



大きな傘なので選びました
GAMPER & DADONI - Creep (ft. Ember Island)



美しいストリングス
The Last Story - Toberu mono (Thaehan Remix)



雨に濡れながら思い出すこと
Thaehan - Lost



雨のジャズ
Jeff Lorber - Rain Dance



ポップンミュージックから
[HD] RAINY WALTZ 「リメンバーリメンバー LONG」



いい動画
三月のパンタシア 『パステルレイン』



雨音+
童謡 『雨』



ギロック作曲。優しい心地いい曲
雨の日の噴水



モーツァルト作曲。レクイエムから
涙の日



ヴェルディ作曲。レクイエムから
涙の日



雨の合間の虹
Trifect - Neverland



好きなボカロ曲
hmtk - 雨のパディントン



〆はこの雨上がり感のある曲で
Stessie - Close To You




と言う感じで選んでみました。梅雨は不快指数が上がりやすい時節ですが、雨に濡れる心を上記の曲を聴いて少しでも気持ちがいい感じになればと思っています。

以後囲碁でGo! 26子 勝率3割5分4厘

             ヴィンケルメッサー
皆さんこんにちは。eの人@闇ノ角度ヲ測ル者です。

囲碁のAIとの対局を続けていて、囲碁アプリで今回も100勝するまで9路盤で対局してみました。

その結果がこちらです!

画像


まあ……その…、あんまり進歩していないというか。なんちゅうか本中華(ハウス)。

いちおう、前回の100勝時よりは勝率は良くはなっているものの、今回も4割は越えられなかったのは残念です。

80~180局まで異様に負け続けていて、今見返すと、発想の転換とか気分の転換はできなかったのかと過去の自分を問いただしたくなりますね。

終盤でようやく柔軟な対応ができるようになってきたのか、12~14級に滞在できるようになってきつつはあるので、次の100勝では勝率が4割超えてくるかもです。まあ、そうなるように頑張ります。


それで、こんな感じなので、ネット碁の「幽玄の間」への参加は見送り中です。せめて6月頭からでもと思っていましたが、なかなか踏ん切りが付かず。

でも、せっかく25級から参加できるのだし、それにもうさすがに25級以上の腕前はあるでしょうから、無料会員のままでも参加してみようかと思います。

それと、一度、碁会所にも顔を出してみたいんですよね。住まいの西東京市にも数件あるみたいですから、初心者歓迎のところでリアル碁を打ってみたいです。出不精(デブ性)なので、ついつい土日は家に籠ってしまってますので、早いうちに実現したいです。


後、ほとんど進捗は見込めませんが、囲碁と言えばディープラーニングということで、Python習得がてら、囲碁AIの作成にも取り組んでみたいです。そういう書籍が出ていて、買うだけは買ったので……
でも、曲を聴いてたり、ゲームとかしてたらいつの間にか休日終わってるんですよねぇ(遠ひ目)。

まあ頑張ります。

リディ&スールのアトリエをプレイ中 その7

PS4で、錬金術が楽しいシミュレーションRPGをプレイしています。


特に大きな困難もなく、プレイした分だけ先に進むという感じです。
RPGとしては、よほど無理をしなければ全滅にはならないので、楽に遊べています。

真剣に取り組んでも敵にボコられてたUBIソフトのゲームが懐かしいですなー。


現在は5人の錬金術士と1人の騎士という6人パーティで敵と戦っており、派手なスキルも使えるので

獅子はウサギを倒すのにも全力なのじゃ~~~い
画像


楽なものです。

このゲームは意外にもボリュームはかなりのものなので、当面はこのゲームの攻略が続きそうです。



キャプチャーギャラリー


スーさん、まずいですよ!
画像


日記の持ち主もこれには困惑プンスプンス
画像










HI! VEVO Vol.155

Porter Robinson - Flicker (Official Video)


日本の風景をいろいろと加工したMV






クラシック曲を忘れない Vol.55


ラデツキー行進曲


ヨハン・シュトラウス1世作曲。小澤征爾さん指揮。











ニコニコ動画のリンク



ふらいん・ぐういっちの面白MAD




ゲームセンターあらしで知ったが動いてるのは今日初めて見た。コウモリの動きがよい。




ほんとにそう聞こえるもんな~




東方は結構パッキン多いよね



チーズあられ販売終了って嘘だろ!?(追記 静岡のメーカー分のみでした)