以後囲碁でGo! 16子 初の19路盤対局!

自分ルールで、13路盤で15級AIに先手・後手でそれぞれ勝利できたら19路盤を打ってみようと決めていて、本日ようやくそれが実現しました。

まずは、13路盤の先手の結果

黒:自分 白:15級AI
白の投了(自分の中押し勝ち) 黒の50目半優勢
画像


対局の動画はこちら
【囲碁】15級AIに先手で勝利 Vol.7



そして、後手での結果

黒:15級AI 白:自分
黒の投了 白の37目半優勢
画像


対局の動画はこちら
【囲碁】15級AIに後手で中押し勝ち Vol.8



後手の三々は強いですね。この局では黒が手抜きをしたので、左辺と上辺を丸ごと自分の地にできました。

ここでは勝ったものしか載せていませんが、勝つまでに特に後手ではかなーり負けました。悪い癖というのはなかなか治らないもので、ポン抜きをいやというほどされて負けており、勝った時にはようやく頭というより体がポン抜きされることを嫌がって慎重に打ったので勝ったという感じです。


それで、勝率はともかくとして15級AIに先手・後手で勝ったので、19路盤を打ってみました。
最初なので、置き碁もせず、互先で対局しました。

それが、この結果です。

黒:自分 白:15級AI
68手まで
画像


序盤早々に黒8子を抜かれてしまい、この時点で敗北が濃厚になりますが、今回は最後まで戦ってみました。


パス終局 黒の56目半負け
画像


右上も貪欲に陣地にしていたら、負けていたにしても、もう少しいい勝負に近付いたかもしれません。

この対局で、分かったことは、19路盤と言っても、9路盤や13路盤での実力がものを言う、ということです。序盤で石を抜かれたところなどは、まだまだ実力や注意力が足りない証拠なので、19路盤で打つ前にもっと9・13路盤で対局をするべきだと思いました。悪手や俗手を避けることを体にしっかりと覚えさせたいです。

それと、19路盤は広いので、簡単に諦めないほうがいい場合もあるようです。
尤も、布石を明らかに失敗したときには早々に投了するのもアリだと思いました(後学のためにとは言っても負け戦を延々続けるのも辛いので)。

今後は、9・13路盤をメインにして土日で19路盤にもときどき挑戦してそれぞれの盤での実力を磨いていくつもりです。

ネット碁への参加はそれからの話になりそうです。とは言うものの、4月には幽玄の間の有料会員になって(現在は無料会員)25級からばんばん打っていこうとも思っています。それが現実になるように頑張ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック