以後囲碁でGo! 9子

9路盤を一旦は卒業して、13路盤での勉強とAI戦に取り組んでいます。

それで、PS4にインストールした銀星囲碁DXは、入門と9級から二段までの12段階で、若干初心者には対局しづらい(現在25級程度)ので、もう少し、下級側で対局できるソフトがないか探しました。

Amazonで検索したところ、「最強の囲碁Zero」という囲碁ソフトなら下は15級から九段までのの20段階(15K,13K,11K,9K,7K,6~1K,1D~9D)と細かくレベル設定がされていることが分かったので、PC(Windows10)版を購入しました。

画像


現時点では強い棋力には特にこだわりはないのですが、できる限り自分の今のレベルに近いAIと対局したかったので、このソフトならよいだろうという判断です。

それで、このソフトの最下級となる15級AIと、13路盤5子置きで対局してみたのですが、

画像


つよ!w

っていうか、相変わらず自分の不注意が半端ないですw

それで、9子置きで対戦してみたら、

画像


画像


おっしゃ中押しで勝った!

という感じで、さすがに勝てました(多分25級かそれ以下のレベル)。
それで、ここから8子、7子と置き碁を1つずつ減らして15級AIの強さに少しずつ慣れていくつもりです。


それと、ネット碁の「幽玄の間」に入会したので、まずは他の方々(人対人、人対AI)による対局の「観戦」を楽しんでいます。

幽玄の間 PC版画面(先手の「GoTrend」はAI名)
画像


観戦だけならIDを入力しないゲストログインが可能なので気軽でうれしいです。

それで、スマホにも「幽玄の間」アプリをインストールしたのですが、電車での通勤中に観戦するのがもう楽しくて!

これまで対局相手はローカルなAIだけでしたので、他の方々の対局を観るのは新鮮な気分です。
第三者の視点だと冷静に石の動向を確認できていいですね。

こうした観戦で気づいたのですが、対局中はいかに自分が自分の石しか見ていないことがよく分かりました。
観戦中だと、対局者のポカがよく見えるんですよ。

えっなんで、ここ手抜きしたの! ほらー、地が減った~~、とか、
あーーこのままだと包囲されるよーーー、とか。

ということは、自分が対局しているときも、「相手の立場」に立って、というか、相手も自分だと思って打つことで、相手の意図を読んで、よりよい打ち方ができるような気がします。

まあ、このあたりは実戦を重ねることで俯瞰的な見方を鍛えていければと思います。


囲碁の勉強ですが、日本棋院の囲碁ドリルを続けています。第6巻から、7、8とクリアして、今日からは第9巻に進みました。

画像


第9巻からは、いよいよ19路盤になり、ネット碁対戦デビューにより近づいてきた感じです。地道に勉強を続けていきます。


そうそう、ついでに日本棋院のYouTubeチャンネルも登録しました。まだそんなに動画数は多くないみたいですが、proxy……もといプロ棋士の対局動画とか、
こういう、

アタリ!ってないわ~~w


囲碁ネタを入れたミニアニメもあったりするので、今後もたまに覗いてみるつもりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック