e(config)#ccie enable

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 ファンタズムを視聴したぁん

<<   作成日時 : 2018/09/23 00:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

涼しくなってきましたけど、今日クーラー点けたし、つまりは暑いってことで、
ホラー映画をアマゾンプライム(400円)で視聴しました。

今回は、ファンタズム(1979年)です。


ストーリーは、
納体堂の施設を備える墓地のある、とある町。
ここでは、ある魅力的な女性が、男を誘惑しては墓場で致しごとをし、その仕上げに男をナイフで殺すことがあった。
だが、その死体は、葬儀後に納体堂には安置されず、納体堂の主で、体格のいい長身の初老の男「トールマン」のものとなっていた。
そのトールマンの行動には他にも不審なところがあり、そこに目を付けたマイクは、トールマンが住む納体堂に興味本位で夜な夜な潜入することにした……

というものです。


まず、「納体堂」って書きましたけど、これは、施設に棺桶ごと遺体を安置する施設です(正式名称はなんでしょうね)。
ちょうど納骨堂の遺体安置版です。

アメリカは、というかキリスト教では火葬しない場合もあるみたいですが、
遺体をそのまま専用ボックスにずっと安置したまま、というスタイルは初めてみました。
もしかしてこの映画オリジナルのものなのか、それともアメリカ等の海外ではそういう選択もあるのか…


実は、墓に遺体を埋めない、というのはトールマンにとってはとても大事なことで…

おっと、ここからは秘密ですが、
とにかくトールマンの立ち振る舞いには200kgを超す棺桶を一人で抱えるなど奇異なところがあるため、両親をこの町で亡くしていつも寂しいマイク少年の注意を引くことになり、マイクはトールマンの秘密(怪しい人物なので何かあるはずという予想)を見つけることに夢中になるわけですが、まあそこからストーリーがぎゅんぎゅん動くわけです。


この作品はホラーなので、いい感じで視聴者を驚かせてきますよ。中学生程度のマイク君が主人公ということもあって、グロいシーンはほとんどないですが、でも視聴者をやたら不安にさせてくるので、必ずしもジュブナイルというわけでもないです。いや…、トールマンが繰り出してくるアレとかソレの造形からすると、やっぱりジュブナイル・ホラーで良さそうですね。


この作品の売りですが、
まずは、音響です。
不穏なシーンには不穏な音楽、スリルでサスペンスなときには、そういう感じの音楽、という風に、耳に心地よいサウンドが流れてきます。

1979年だと、シンセサイザー自身はもうすでにありますけど、1980年代に入る前にもうこんなに質のいい音楽を流せているのかと感心してしまいました。


映像も、納体堂の「実態」に合わせた演出があり、視聴者がどきっとするようなシーンがありました。


しかし、なんと言っても一番の見どころは、トールマンの立ち振る舞いでしょう。
彼は要は「怪人」なんですけど、ガタイがよくて長身の割にはすらっとしていて、歩き方も何か気品がある。顔立ちはまるでマッドサイエンティストみたいですが、それが実に味わいがあって良いのです。

この作品のパッケージ映像にはトールマンの顔がでかでかと載っているくらいなので、裏の主人公はトールマンなのかもしれないですね。悪役のプロレスラーみたいな動きもツボに入ってきます。


序盤の、コラージュみたいなシーンの張り合わせから、少しずつ核心に迫っていくといううまいじらし方といい、納体堂の秘密というアイデアといい、耳に心地よい音楽といい、いろいろと、この監督だからこそ出せるのだろうという唯一無二感がこの作品に箔を与えていると思います。


この映画を星10個満点で評価するなら、

☆☆☆☆☆☆☆☆

というところでしょう。
どの視聴者層をターゲットにしているのか、ややブレがあると思うのですが、でも、それがこの作品の他にはない味ともなっているので、ホラー映画としては独特の地位を占め続けるのだろうと思います。



余談

マイク少年、途中までは女の子だと思ってました。
金髪で髪を伸ばしているからそう見えたのでしょうね。まあ、何の問題もないですw

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

管理人からのお知らせ

映画 ファンタズムを視聴したぁん e(config)#ccie enable/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる