e(config)#ccie enable

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 イレイザーヘッドを視聴したッ

<<   作成日時 : 2018/09/16 13:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

連休2日目、自宅でのんびりと過ごしています。ちょっと暑い感じもするので、ホラー映画をビデオマーケットで視聴しました。

今回は、デヴィッド・リンチ監督のイレイザーヘッド(1977年)です。


この映画は全編モノクロなので、事前情報なしで観た私はてっきり1930〜40年代ごろの作品と思い込んでいました。
というのも、映画の作りがまるでその年代みたいだったからです。

登場人物の恰好、建物、BGM、それらはどう見ても1977年のものではなかったです。でも、後述しますが、クオリティが低いという意味ではありません。


ストーリーは、
ペンシルベニア州・フィラデルフィアの工業地帯に住む、休職中の男性ヘンリー。
彼は付き合っていたメアリーに家に来るように呼ばれる。
そこで、彼女の母に婚前交渉を問い詰められて、あげく赤子を引き取らされてしまう。
それは世にも奇妙な……

というものです。


一番のポイントは音響でしょうか。
工業地帯ということもあって、常に何らかの騒音が鳴り響くし、嵐のような天気で風がまるで悲鳴のように聞こえるし、レコードから流れる曲は、妙に明るいし、ヘンリーの部屋の暖房器具はやたらうるさいしで、視聴者は常にざわついた音のなかにいることを強制されます。

それと、様々な生き物の音。これももう心が騒めいてしょうがないです。この心がずっと落ち着かない、というのは視聴者の精神を揺さぶるいい方法になっていると感じました。

不安、とは似ているようでちょっと違うのですが、心をざわつかせることで、精神を不安定にする、という意味では、効果としては不安に近いものがあるように思いました。


次に映像です。
モノクロの世界でいつも少し薄暗く、影がより強調されることで、メアリーの家族の異常さがことさら浮彫になっていました。

メアリーの家族とともに囲むチキンの晩餐1つにしても、
不気味この上なくて、ぞわぞわきました。メアリーは泣きじゃくってるのに、彼女の父親はずっとニヤけた顔のまま固定してヘンリーをじっと見つめているとか、これが恐怖でなくてなんなのでしょうかw


ヘンリーが自分の部屋に引き取った赤子ですが、これは妊婦の人が見たらだめなビジュアルですよ。
実際映画上映時にも、そういう警告が出たらしいです。それくらいにキテるビジュアルです。

あえていうなら、クトゥルフ神話のアレに近い(というかそのまんま?)です。
それがおんぎゃあおんぎゃあと人間みたいに泣くという恐怖。
でも、ヘンリーはそんなにたじろかずに普通に世話をしようとするのがシュールです。

この赤子には特殊な能力があるらしく、ヘンリーは様々な悪夢の世界を彷徨うことになります。
もちろん、その世界を彷徨うのは視聴者も一緒です。

あと1ミリでアウトみたいな歌うたいショーとか、じっと観ていると頭がおかしくなってしまいそうです。その他変な線虫が同衾するメアリーの布団から次々に出てきたりして……ああ、やばいやばい。


そして、この音響と映像の狂乱の宴で視聴者のSAN値はもうゼロよ!
という感じのところで映画は幕を下ろします。全編白昼に観る悪夢に私はもうへとへとになりました。


1977年だからなのか、クトゥルフ的なアレの動きとか蠢きとかはかなりしっかり作られていますので、その特撮のできの良さをきっと堪能できるでしょう。


いやはや、モノクロ作品ということで、おもちゃみたいな動きのまったく怖くない作品を想像していただけに、予想は大きく裏切られました。

これぞホラーです。この作品を観ずしてホラー映画を観たとは言えないのではないか。
それくらいよくできたクオリティの作品なので、視聴をお勧めします(妊婦の方はご遠慮ください)。


この映画の評価は、星10個満点で、

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

です。若干世界観の説明が不足しているかもしれません。でも、1977年にあえてモノクロ映画時代を模して作ったという監督のセンスにはもう痺れました。ゆったりとグロくてキモくてもう最悪です(誉め言葉)。夢に見そう。
雑誌ガロ系の作品が好きな人にはたまらないアンダーグラウンド感が作品に漂っていますので、とにかく観ましょうよ。




余談
この監督は、後にエレファントマン、さらにはデューン/砂の惑星も監督していて、ああ、そういうのやっぱり好きなんすね、と思いました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

管理人からのお知らせ

映画 イレイザーヘッドを視聴したッ e(config)#ccie enable/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる