e(config)#ccie enable

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 ゾンビ(米国劇場公開版)を視聴したof the DEAD

<<   作成日時 : 2018/08/19 15:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夏季休暇も本日で終わりということで、東京に戻って来たら、立秋に入っただけあって、すっかり秋の気配が見えつつも、油断するとまだ暑いので、ホラー映画を観ました。

今回は、ジョージ・A・ロメロ監督のゾンビ(DAWN OF THE DEAD、1978年)の米国劇場公開版をアマゾンプライム(100円)にて視聴しました。

この監督のゾンビ映画には前作となるNIGHT OF THE LIVING DEAD(1968年)もあるのですが、後続に多大な影響を与えることになるのは、本作なのだそうです。


ストーリーは、
全米各地で、大発生してしまった生ける屍、ゾンビについて放送するテレビマンたち。そのうちの男女2人は、ゾンビ退治に来ていたSWAT隊員2人と共に、すでに危険区域となっているスタジオからヘリコプターで脱出し、当面をショッピングモールで避難生活を送ろうとするが、そこにもすでに大量のゾンビがいて……

というものです。


本来のブードゥー教のゾンビは、死者を奴隷として使役させるために施術されて、呪術者の命令に従ってのみ動きます。
それに対して、この監督は、ゾンビを吸血鬼のように自律的に行動させて生きた人間を食料とし、また全身を食べられなかった者についても、噛まれたことによって感染して新たなゾンビになる、という設定としており、映像でもそういうロメロ式のゾンビが山のように出てきます。


この映画のゾンビは、この時代の作品ということもあり、血色の悪さを暗灰色のメイクで塗った程度なので、そんなにリアル(?)ではないのですが、「捕食」シーンはなぜか異様に凝っていて、正直観ていて気持ち悪かったです。

序盤の、ゾンビが生きた人にガブっと噛み付いて、むしゃあと肉を毟り取るシーンには私も「えぇ……」と白目にならずにはいられませんでしたが、これは、この作品を続けて観るかどうかの監督からの親切な警告とも受け取れます。
もし、その時点で「あ、だめだ」、と感じたらそれ以上は観ないほうがいいです。この米国劇場版には後にとてつもない「超閲覧注意」レベルのグロくてショッキングな映像が出てきますので……

ゾンビのメイクはチープなのに、なんでそこだけリアルにしたと監督を問い詰めたくなりますが、ホラー映画としてはそれらの映像もゴージャスな「サービスシーン」の1つなんだろーなーと思ったりしました。


この映画は約2時間で、人によっては中だるみを感じるかもしれません。
私も最初はそう感じましたが、ショッピングモールの販売品がそのまま残されていて、でも営業は放棄されていて、店員も警備も全くいない、という状況での人間の欲望というものがむき出しになる様子がじっくり描写されているので、そのあたりの人間という生き物についての、監督の考察を楽しむのも一興かと思います。


それにしても、この映画のゾンビは単体ではまるで敵にならないほど鈍足で動作も緩慢なのに、それが群れるとなんと恐ろしい存在になるのか……

この映画にはあまり視聴者を急に驚かせるようなものはありませんが、じわじわと迫るパニック的恐怖が、むしろ、視聴後になってから襲いかかって来るように感じました。


ゾンビという存在は、ビデオゲームでよく題材にされますが(最近私がプレイしているPSYCHO BREAK2というゲームもそうです)、この映画ではまるでゲームのように多数のゾンビをいろんな銃で撃つシーンがあり、その変な爽快感が、いかにもゲーム向きでした。
それに、ゾンビへのダメージについても同様で、胴体を銃で撃っても全く効果無さげなのに、頭部になら、どんな小口径の銃でも1発でゾンビを倒すことができる、という記号化が徹底されているところにもゲームらしさを感じました。
この独特な爽快感は映画との相性がいいらしく、後続の映画にオマージュされているらしいのも納得がいきます。


この映画では、そういう現代ゾンビ作品の始祖的要素に満ちているみたいなので、ゾンビ作品が好きな方は、視聴してみるのもよいのではないでしょうか。
グロいのはグロいですが、時折ユーモアも感じられたりして、ゾンビネタ、というだけでなく、作品全体として見て楽しめる要素は多いです。


この映画の評価は、星10個満点で、

☆☆☆☆☆☆☆☆☆

です。
ゾンビの緩慢な動作が、つい人々を油断させてしまう、という流れがホラー的お約束と見事にマッチしていて、結果として視聴者をハラハラさせるのは秀逸です。





余談

このショッピングモールにはゲームコーナーが設置されていて、その中のアーケードゲームの1つとしてアタリのレーシングゲームが出てきます。1978年前後のもので、現在でも動いているこうした製品はもうほとんどないでしょうから、かなりレアな映像と言えそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

管理人からのお知らせ

映画 ゾンビ(米国劇場公開版)を視聴したof the DEAD e(config)#ccie enable/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる