e(config)#ccie enable

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画 遊星からの物体Xを視聴したたた

<<   作成日時 : 2018/08/16 17:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨夜は台風一過で涼しかったのに、今日はもう暑いので、ホラー映画を観ました。

今回は、遊星からの物体X(1982年)です。

舞台は地球なんですが、宇宙からの訪問客との話なので、SFホラー、またはコズミックホラーというジャンルに該当する感じです。


南極に10万年前に墜落したUFOの乗組員は長らく冬眠していたが、南極基地の駐在隊員によりUFOが発見されて……

というところから地球人と異星人が遭遇することになるのですが、異星人はさすがに太陽系外から来ただけあって、非常に優れた身体能力を携えており、地球人の非力さがこの映画では浮彫になってました。

しかし、それでも諦めないのが地球人のよいところです。
次第に明らかになる、とてつもない異星人の能力に犠牲者が出たり、そのせいで時折パニックになりながらも、異星人を退治するには、と様々な方策を打ち、常に不利な状況ながらも、地球人は生存の可能性に賭けます。


異星人の異常な造形と、その彼らが地球人を襲うさまはまさにホラーだし、
異星人のとある特性に基づく(密室的)ミステリーが発生したり、と視聴者を飽きさせないつくりで、観応えは抜群でした。


クトゥルフ神話の宇宙的恐怖には、異星人との意思疎通の困難さや、地球人の考え方が通用しない独自の思考体系なども含まれるようですが、
この映画でも異星人が何を目的にしているか、さらには、彼らをクリアリングする方法は何か、を把握するのに、駐在隊員はとても苦労することになります。


異星人(THE THING: 生き物)の圧倒的な力量の差を前にして、地球人はどのようにして彼らと渡り合うのか……
最後までハラハラさせられる、この作品の評価は、星10個満点で、

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

というところです。
異星人の造形を余すところなく生かしたホラーの要素とストーリーがとても良かったです。名作です。
映画エイリアンシリーズとはまた一味違う仕上がりとなっていますので、未見の方への視聴をお勧めします。





余談

音楽は、アンタッチャブルのエンニオ・モリコーネです。この映画の音楽にハッとさせられたり、違和感が生じることは特にありませんでしたが、それは映像の流れに彼のBGMがよく馴染んでいた証拠でもあると思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

管理人からのお知らせ

映画 遊星からの物体Xを視聴したたた e(config)#ccie enable/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる