e(config)#ccie enable

アクセスカウンタ

zoom RSS 攻めの14、スリムな19 ラーク・スマートプラス #1431

<<   作成日時 : 2018/04/22 13:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

攻撃的なほどの健康志向主義により、最近はますますタバコの肩身が狭くなり、トレンドもより世間に向けて無難なものへのシフトが続いています。

でも、そんな逆境のさなかで、フィリップモリスはタール14mgのタバコの新製品を発売してしまうという嬉しい暴挙に出ました。
それがこの製品です。

ラーク・スマートプラス・14mg・ボックス
タール14mg/ニコチン1.2mg
画像


この製品の外見上の特色は2つ。

1つめは、タバコの太さがスリムになっており、
2つめは、19本詰め

というものです。


スリムとは言うものの、JTが出しているスリムよりは太く、通常のものとJTスリムの中間というところです。

それと、19本ですが、今流行の「お値段そのまま、中身ちょい減り」に追随するものかなとも思えますが、タバコは1本当りの税金が相当に高いので、本数を減らせばその分安く売る事ができます。なので、20本ものが440円あたりなのが、この19本ラークは390円で発売できたのです。

それと、スリムタイプですから、その分タバコ葉の使用量も少なくできて、それがコストダウンを可能にしたとも言えます。

ちなみに、長さはキングサイズと同等かと思いきや、キングサイズよりも2〜3mmほど長いです。その長さでスリム感がより強調されるのだと思います。


それで、実喫してみました。

通常のタバコのフィルターには1〜4列の穴が開いていて、そこから空気を取り込むことでタール/ニコチンの摂取量を制限しているものですが、さすがに14mgともなると、フィルターに穴は開いてませんでした。

持ちはクールスモーキングで約6分で、ラークの一般的なイメージよりも長く吸える印象です。

喫味ですが、完全なクールスモーキングに徹するよりもほんの少しだけ強めに吸うのが面白いと感じました。
あまりに強く吸ってしまうと破綻して単なる燃焼的苦味に陥ってしまいますが、ちょい強めくらいなら、クールスモーキングのときには出てこない危うい苦味の先に旨味的な味わいが出てきます。

なかなか形容しにくいのですが、スルメを良く噛んで味わうときの滋味のような不思議な旨味を感じました。
ほんと、洋モクはどれも似ているようでいて、それぞれに特色があるものですね。

タバコの味わいをしっかり楽しみたい人には、よさげな製品だと言えそうです。





久々に聴いた曲のリンク

タルト愛


この人の絵も久しぶり見た1


この人の絵も久しぶり見た2







HI! VIVO Vol.107

Ariana Grande - No Tears Left To Cry


遊園地のびっくりハウスみたいなMV







クラシック曲を忘れない Vol.8

喜歌劇「天国と地獄」序曲



原題は「地獄のオルフェ」なのだそうで。運動会でもお馴染みの「カンカン」は07:26あたりから始まります。








ニコニコ動画のリンク



かわいすぎにつき、ラークスパー




けもフレは死んだ……けど面白いねこれ




川越市……やるやん



王将は1人飲み用にハーフサイズメニューたくさんあって良いね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

管理人からのお知らせ

攻めの14、スリムな19 ラーク・スマートプラス #1431 e(config)#ccie enable/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる