Fallout4 SURVIVAL日記 #044 メカニスト捜索

PS4用、Fallout4の難易度SURVIVALのプレイ日記です。
DLCは全部入り、MOD導入はありません。


ネタバレがあるかもしれませんので、ご注意ください。


----------

西暦2288年2月10日 金曜日


メカニストなる者によるメカニストボットが連邦各地で騒ぎを起こし始めて2ヶ月は経つだろうか。
なにしろ神出鬼没で、どれだけメカニストボットを退治しても、メカニスト本人は全く姿を現さないのだから、少しも根本的な解決方法を見いだせないでいた。

そう言えば、エイダに初めて会ったときに、彼女はメカニストの居場所に関する情報を話していたことがあった。
日々の探索に追われてつい、このことを忘れかけていたが、もうメカニストの暴虐を野放しにして置くわけにはいかない。

野放しできないもう1つの理由は、メカニストが連邦に放つ様々なボットは日々進化を遂げているらしく、遭遇するたびに強く頑丈な造りのものが出てきているのだ。

これをあと数ヶ月も放置していたら、連邦の誰もメカニストボットに太刀打ち出来なくなるのではないか。

それで、ここ数日はエイダに改めて怪しい場所を聞き、少しずつメカニストボットの居場所についての情報を集め始めた。


最初のロボット工場で、奇妙なビーコンをロボブレインから発見したので、エイダの指示に従って、エイダ自身にビーコンを取り付けると、それに呼応するかのように、次のビーコンの発見場所が見つかった。

その場所でもロボブレインからビーコンを入手し、計2つのビーコンから次のビーコンの場所が見つかった。

場所は、ドライブインから南西に4〜5時間ほど進んだ先にある衛星通信基地だった。


エイダはここに侵入する前に警告した。

画像


昔は衛星通信基地でも、今はラスト・デビルというレイダーの拠点になっており、激しい攻撃を受ける可能性があると。

だが、今回はそれを見越してパワーアーマーを着用して来たのだし、ここは覚悟を決めてアジトに入るしかない。


基地に入るとすぐに激しい敵の攻撃を受けるが、アジトの本体は地下バンカーにあることが分かった。

アジトの入口でこの攻撃だ。だがここで帰るわけにはいかない。私はエイダと共に決意が鈍らない前にバンカーに入っていった。


エイダの予想どおり、ラスト・デビルと彼らが従えている様々な種類のボットが次々に襲いかかってきた。様々な方向から銃撃を受けてしまっていた。もしパワーアーマーがなければとっくに倒れてしまっていただろう。

バジリスクの名を冠したボットまでいた。このボットが持つ近接武器をまともに食らうと、それだけでパワーアーマーの装甲が砕けてしまったことだろう。

画像



アジトの奥に進むと、大型の筐体にロボブレインの頭部が埋め込まれているという奇妙な装置を発見した。
見た目はロボットに見えないが、頭部が下部の装置に繋がっているのであれば、これもロボットの形態の1つと言えるかもしれない。

彼の名前はジェゼベルと言った。
画像


3つ目のビーコンはこのロボブレインが所持しているらしいが、彼は交換条件を出してきた。
ロボブレインの頭部をここから持ち去り、その頭部にロボットの手足を付けることと。そこまでできたらビーコンをくれてやるとのことだった。


私はその条件を飲み、ロボブレインの頭部を機器から取り外した。


その後、このアジトからの脱出時に、ラスト・デビルの残党が次々に襲いかかってきて、生きた心地はしなかったが、エイダといつものように冷静に対処して奴らを殲滅した。


それでは、一旦ドライブインに戻って休息を取り、今回の戦いで傷んだパワーアーマーを修繕した後、ジェゼベルの要求を満たすためにロボット作業台のあるキャッスルに向かうようにしよう。


----------

メカニストボットは時間が経つほどに強大化していくので、このクエストを進める時期が来たと思い、取り組み始めました。

ボットの中でも近接武器型や極太レーザーを撃つアサルトロン型はパワーアーマーを未着用のときには非常な強敵になるので、手に負えなくなる前に、近日中にメカニストに対面するつもりです。


やられた回数
今回0回
累計61回

フリーズ 
今回0回
累計1回

アプリケーションエラー
今回0回
累計2回

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック