Fallout4 SURVIVAL日記 #032 ファニエル・ホールの悪夢

PS4用、Fallout4の難易度SURVIVALのプレイ日記です。

ネタバレがあるかもしれませんので、ご注意ください。


----------

西暦2288年1月1日 日曜日


新年を迎えたが、ボストンの街はどんよりとしている。かと思うと突然銃声と悲鳴が鳴り響くような騒がしい街でもある。年が明けても世界の様子は変わりそうにない。


グッドネイバーの北東にはバンカーヒル記念塔があり、さらにその北東にはカウンター・クロッシングという農園があった。農園主はボストンの緑の悪魔の存在を恐れていた。グッドネイバーのすぐ近くにあるファニエル・ホールがスーパーミュータントに占拠されているのだが、そこからこの農園に襲いかかってくることがあるのだという。

そう言えば、このあたりでは頻繁にスーパーミュータントに出くわしていた。奴らはファニエル・ホールから来ていたのか。
グッドネイバーの近くに奴らの拠点があるのは好ましいことではない。農園主の依頼を引き受けることにした。


ファニエル・ホールに到着した。

画像


ここはかつて、18世紀、豪商ピーター・ファニエルの出資による公設市場および会議場としてアメリカの自由を育む象徴的な歴史的建造物だった。



だが、今は連邦の大きな脅威の1つであるスーパーミュータントの拠点になってしまっているというのは悲しいことだ。
今回ここの掃討の依頼があったのは天啓だったかもしれない。

連邦の平和への道の一歩として、ここの掃討をきっちりやり遂げよう。


このホールは外も内も重武装で固めたスーパーミュータントだらけだった。ミサイルを撃つものまでいた。
また、ホール内は、トラップが多数設置されていて、私も重傷を負った。スティムパックがなければ生きてファニエル・ホールの外に出る事はできなかっただろう。


苦闘の末、ようやく最後の敵を仕留めた。私もエイダも満身創痍だったが、ここを人間のものとして取り返せたのは大きい。

カウンター・クロッシングに戻ると、依頼主はとても喜んでくれて、ミニッツメンの拠点として使うことも許可してくれたのだった。

画像


ここを拠点に、周囲のスーパーミュータントを掃討できる日も遠くないかもしれない。


----------

ファニエル・ホールで2回もやられました。それとは別のスーパーミュータント拠点でもやられています。
その都度ベッドのある場所からやり直しですよ。スーバーミュータントはきちんとした攻略方法がないと厳しいですね〜。


引き続き、探索を進めていきます。


やられた回数
今回6回 スーパーミュータント×5、グレネードトラップ
累計46回

フリーズ 
今回0回
累計1回

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック