神フィルター決定戦 ショートピース(3回目) #01356

ショートピースには、フィルターが付いていません。いわゆる両切りというやつです。
両切りでも、もちろんそのまま吸えます。その方が、タバコの全てを味わえるので、紙タバコとしては最高の味わい方となります。

でも、デメリットもあり、その最たるものが吸い方が下手だと葉っぱが口中に入ってくるというものだと私は思っています。

タバコの葉っぱは人体には有害なので、それを飲み込むというわけにもいかず、ぺっぺっと吐き出すことになるのですが、これはあんまりスマートではないので、両切りを人前で吸うのは結構大変なのです。

で、そこで付けるのが、外付けフィルターです。いろんなタイプのものが市販されており、それぞれに特徴があります。で、私はショートピースの最高の吸い方を追求しているので、フィルターもいろいろ試してみました。
今回は、ミニパイプのスーパー25を付けてみました。

ピース(10)とスーパー25
画像



スーパー25はコンビニでもっともよく見かけるフィルターの1つで、価格も安く10本で約100円程度だったりします。チルチルミチルよりも安いです。

で、これをショートピースに装着して吸ってみたのですが、フィルターというよりも、「ミニパイプ」の名称のとおり、パイプでした。

つまり、両切りの濃い煙をほとんどそのまま味わえます。しかも、パイプにはめ込んである橙色の衝突型フィルターの煙の通り道は細いので、葉っぱは口中に入ってきません。両切りの雰囲気をそのまま愉しみたい人にはお勧めかと思います。


しかし、個人的には、ショートピースには独特の生々しさがあり、これが私にはややキツいと感じるので、この部分をきっちりフィルターで吸着してくれるのがベストだと思います。

なので、私基準で外付けフィルター(またはパイプ)を評価するとこんな感じになるのです。

☆10個が満点

フレンドホールダー(ショットガン)+フィルター
☆☆☆☆☆☆☆☆(8)

フレンドホールダー フィルター未装着
☆☆☆☆☆☆☆(7)

チルチルミチル
☆☆☆☆☆☆(6)

ニュークロレラパイプCS5
☆☆☆☆☆☆☆☆☆(9)

ミニパイプ スーパー25
☆☆☆☆☆☆☆☆(8)

※参考 ロングピース(フィルター付きピース)
☆☆☆☆☆(5)


これはあくまでショートピースの場合で、他のタバコの場合はまた評価が変わる場合もあります。

チルチルミチルはフィルターとしてはかなり優秀なのですが、ショートピースのうまみまでも吸着してしまい、ショートピースらしさを奪い取ってしまうので、この評価です。

ロングピースに最初から付けてあるフィルターはあんまり性能がよくなくて、フィルターの割に雑味を取り切れてないので、強く吸うとあまり美味しくなく、ゆっくり吸ってもフィルターでうまみが吸着されてしまうという感じなので、実に吸い方が難しいです。
ショートピースよりもさらに上級者向けという気がします。

結局、ショートピースの良いところだけをもっとも適切に口中に通してくるのはCS5だと感じました。
このフィルターはショートピースのために作られたと言ってもいいくらいに相性がいいです。

フレンドホールダーもかなり優秀なパイプandフィルターなんですが、何というか、手入れが面倒なのです。
他の商品は使い捨てですが、このシガレットホルダー本体は洗えば何度でも使えます。
でも、ただ水で洗っただけでは染み付いたタール臭は除去できないので、専用クリーナーやら、アルコール系のものできちんと手入れしないといけません。なのでトータルでの評価では☆を減らしました。


なお、ショートピースに限らず、両切りはタールがそのまま口中に入ってくるので、直に習慣的に吸うのは厳しいと思います。

参考動画 ピースを装置で吸わせたときに出てくるタールの量が半端ないです。



ただし、ショートピースはクールスモーキングで吸うものだと思うし、1分に1~2回しか吸わないので、10本を一気に吸ってもこんなにタールは口中に溜まらないと思います。しかし、私が実際に吸ってみて口中に質量を感じているので、間違いなくタールが入ってきているのだなぁとは思っています。


けれども、こういう動画を観てもなお、たまにはショートピースを吸いたくなります。
それくらいにとても美味しいタバコなのです。日本一うまいタバコなのです。だから吸いたいのです。

その切実な願いをある程度叶えてくれるのがフィルターだと思うので、今後もショートピースと外付けフィルターとはうまく付き合っていければと思っています。





ニコニコ動画のリンク


曲作りの参考になる(と言ってみる)



冷えた甘酒を飲んだらうまかった

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック