【修羅の刻】消費税UPとTPP参加でさらに鍛えられる日本と日本人

ああ、本当はもっと楽しいことを書きたい。
小難しいことなど無視して、楽しいことだけを考えて生きたい。

そう思ってはいるものの、日本の在り様がこれからさらに(悪い方に)変質しようとしていることから目をそむけ、耳を塞ぎ続けるのにも限度があります。

・来年からの消費税10%施行
・TPP参加による医療保険制度の変化の可能性

まあ、消費税10%は、買うもの、遊ぶものを節約すればまだいいでしょう。
しかし、TPP参加により、現行の医療保険制度が崩れ、アメリカのような中低所得層に非常に厳しい制度に変わってしまうと、多くの人々が受けるべき医療を受けられないまま死んでしまうということになります。




いったいどうしたらいいのか。


社会の中に組み込まれ、会社で働いている人間は、あからさまに政治を批判し、各種改善運動を起こすことは困難です。
多くのリスクが伴います。

であれば、できることと言えば、そういうVERY HARDでEXTREMEレベル43みたいな状況に一日でも慣れ、心身ともに健康に生き抜く、ということくらいです。

正直、どうやったら現状の生活を維持し、満足感の得られる生活を続けられるか明確な答えを導き出せていません。
ただ一つ言えるのは、絶望せず、自壊せず、現実から目を決して逸らさないこと。
諦めなければ、どんな困難な状況でも進むべき道が見えてくるかもしれない。



批判は容易く、
憤怒は発散を促し、
怨嗟の声は心地よく


自分を駆り立てようする感情がこれから何度も噴き出そうとするでしょうが、

そこはくいしばって自重し、その一方でどんな状況でも生き抜ける賢さを磨いておきたい。



これまで能天気に生きてきて、これからもそう生きるために、私はそう決意します。







んー、「何早とちりして一人で熱く語ってんのwwww」で済むのが一番。そうあってほしいです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック