e(config)#ccie enable

アクセスカウンタ

zoom RSS WATCH_DOGS 2をクリアしました

<<   作成日時 : 2018/06/23 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

PS4版のWATCH_DOGS 2をプレイしてきましたが、今週クリアしました〜!

画像



そこで、今回はこのゲームを振り返ってみることにします〜




1.難易度
今回は、ずっと難易度はNORMALでプレイしました。

相対的な難しさはカレーでいうところの中辛というところでしょうか。ココイチのカレーで言えば2〜3辛というところです。

主人公のメイン操作となる「ハッキング」は、一部「気付き」とか、「発想の転換」とかが必要な場面があるものの、チュートリアルの操作を理解していれば、そんなに難しいものではなかったです。

車の運転は、高速時は難しいと感じました。
特にサンフランシスコは都市部ということもあって他の一般車が多く走っており、高速で逃げているときなどにはハンドルさばきに失敗していろんなところに衝突してパトカーに延々追いかけられることも多数ありました。

敵との戦いは、私は難しく感じました。
他のFPSゲームとの大きな違いは、主人公は武装はしても防具は一切着けないので、ちょっとの被弾でもたちまち窮地に立たされてしまってました。
おそらくメーカーが勧める戦闘スタイルは「潜入型」または「遠隔攻撃型」なのでしょう。
敵の背後にこっそりと忍びよって近接武器で気絶させるか、
高性能のスナイパーライフルで頭部を狙って一発で仕留めるのが、一番無難だったような気がします。
ドローンに攻撃させればさらに戦いが楽になるのは良かったです。

一番の敵はカルフォルニア州警察でした。
一旦指名手配になると、地獄の底までパトカーとヘリで追っかけてくる感じで序盤は彼らを撒くのには苦労しました。
時には10分以上も逃走してもまだ警察が追ってきて最後にはとうとう射殺されたのはいい思い出(!?)です。


2.善悪
このゲームの大きな特徴は、窃盗等の犯罪が気軽にできてしまうということです。
路上に止めてある車・バイクを数秒で盗んだり、通行人からスマホ経由で自分の財布に送金させたり、スマホのバッテリーを爆発させたり、警察や警備会社の人々を襲ったり、ということが何の苦労もなくできてしまいます。しかも、ばれなければ何のペナルティもありません。

そのため、序盤にもう嫌悪感を示すプレイヤーも出て来るかと思います。
海外のオープンワールドゲームは悪事を起こすことも可能ですが、しかしだいたいは善人としてプレイしていく場合が多いかと思います。

しかし、このゲームでは一般常識から見て犯罪に該当することを行うことで所持金を集め易くなります。
私の場合は、「これはゲームだから」と割り切って、主人公にはいろんな悪事に手を染めてもらいました。
そう、犯行現場を見られなければべつに良いのです。
そして、ゲームと現実の区別を付けて、現実でこれらの悪いことをしなければよいのです。

とは言ってもデッドセックの立ち位置は「義賊」なので、完全に悪者ではありません。その辺りは良いバランスになっていると思います。


3.ボリューム
今回のプレイでは、50〜60時間ほどプレイできました。
恐らくメインクエストのみなら20〜30時間で、サブクエストが10〜20時間、オンラインクエストが10〜20時間(人によっては無限)というところです。

私はサブクエストにも全て取り組んだので、かなりのボリュームを感じました。
そして、カルフォルニア州のマップが広い! ゲームでは州全域ではなく、「ベイエリア」が中心のマップだったのですが、それでもかなりの面積でした。
北端から南端まで車で移動しても実時間で10〜15分はかかる感じなので、他のゲームと比べても恐ろしく広いと言えます。

徒歩ならベイエリア縦断に1〜2時間は余裕でかかると思います。

という広さなので、50〜60時間プレイしてもほとんどマップは覚えられなかったです。特に都市部は何度クエストで訪れても覚えきれなかったです。もし2周目をプレイするなら、今度はもっと観光気分を味わいながら、ベイエリアの隅から隅まで歩いて地図を把握できればと思っています。


4.ストーリー
主人公が属する組織「デッドセック」は、義賊のように振る舞い、社会に巧妙に隠された巨悪を明るみに引きずり出すのを主目的にしています。
公的組織とか巨大企業との戦いに臨む中で、現代社会への風刺とか警告に幾度となく触れることになると思いますが、押し付けがましいわけでもないのが秀逸だと思いました。

「自分で判断しろ」「自分で考えろ」とデッドセックはSNSのフォロワーたちに事あるたびに告げています。

押しつけ・洗脳・強制はデッドセックの規範にはそぐわない、一方の巨大組織はこれらを積極的に推し薦めていることを、プレイヤーはストーリーの中でたびたび自覚することになると思います。


5.ゲームシステム
先日のブログにも書いたように、このゲームのメーカーであるUBIソフトは、ゲーム的省略にとにかく優れています。
ハッキング、運転、攻撃、オンライン、いずれもストレスはほとんど感じませんでした。
かといってそれらの省略が「手抜き」だとは思いませんでした。
省略にもそれなりの理由があることをこのメーカーは感じさせてくれるのです。

とにかく快適にプレイができる、これはとても大切なことだと思います。そして、UBIソフトはそれをしっかりと実現できており、とても素晴しいと感じました。


6.総評
星10個満点で、このゲームは、
☆☆☆☆☆☆☆☆☆

というところです。本当は満点余裕なんですが、反社会要素が多いと感じたため世間の建前上、星を1つ減らすことにしました。

でも本当にいろんな意味で刺激的なゲームでしたよ。中途半端とか未熟とかを微塵も感じさせない完成度にはただただ感服するのみです。

エンディングもいい感じでしたし、本当に素晴しいゲームでした。UBIソフトさん、良い時間をありがとう!


7.ゲームで流れる音楽
デッドセックはカッコよいし、ダサくない(という設定)ので、音楽もイカしているのが多かったです。
先日紹介した曲の他にはこういう曲がゲーム内で楽しめます。その他、WATCH_DOGS 2オリジナルの曲も多数ありました。

Plaid - CLOCK



HI! VEVO Vol.116

Rustie - Attak ft. Danny Brown


このゲームには特によく馴染んでました。


Cybotron - Clear



8.他の方によるプレイ例

初心者的なプレイです


1のときからプレイしている方


オンラインプレイ(ハッキング侵入)。こっちにも緊張が伝わってきます


次も洋ゲーをプレイする予定です

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
WATCH_DOGS 2をクリアしました e(config)#ccie enable/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる