e(config)#ccie enable

アクセスカウンタ

zoom RSS Fallout4 SURVIVAL日記 #081 探偵の消息を追う

<<   作成日時 : 2018/02/04 20:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

PS4用、Fallout4の難易度SURVIVALのプレイ日記です。
DLCは全部入り、MOD導入はありません。


ネタバレがあるかもしれませんので、ご注意ください。


----------

西暦2288年7月15日 日曜日


息子のショーンを探すなら、とパイパーが紹介してくれたバレンタイン探偵事務所、そこに入ると、女性が一人だけ居た。

この人が探偵かと思ったが、そうではないらしい。彼女は助手兼事務係だそうだ。
探偵本人は別の依頼で外出中らしいが、それにしては彼女は深刻な顔をしている。

聞くと、依頼に取り組んでもう2週間近くも連絡が取れないとのことだ。依頼の場所はボストン市内で、探偵が消えたとされる場所は、ボストンコモン近くの地下鉄駅なので、そんなに遠い場所でもない。敵がいなければ1〜2時間圏内の場所だ。

それは困った。この探偵でなければ雲を掴むようなショーンの居場所はもう誰にも分からないだろう。他に探偵がいればとは思うが、これまで連邦中を歩いてきて、ついぞ会わなかったのだから行方不明中の彼くらいしか探偵はいないのだ。

そこで、助手の女性には、彼を発見することを約束した。


ボストンコモン内にあるパーク・ストリート駅にパイパーとともに潜入した。

どうやら探偵が行方不明になった理由が分かった。
駅構内に入っていきなり敵が攻撃してきたからだ。

こいつらには見覚えがある。グッドネイバーに巣食っていたトリガーマンだ。この駅はグッドネイバーからも近いので、私が始末する前はグッドネイバーを第二の活動拠点にしていたのだろう。


この駅の端末をハッキングすると、少し興味深いことが判明した。
この駅は核戦争を契機に廃墟になったのではなく、計画的に廃止して無人の状態にしたということだ。

端末からは理由は分からなかったが、敵を排除しながら奥に進んで行くと、その理由が判明した。
おそらくVaultをここに建設するためだ。

画像


地下鉄構内は始めから地下なので、地上から地下に掘り進めるよりは予算も少なく、工期も短くて済む。理由はそんなところだろう。


Vault114に入ると、そこもトリガーマンが占拠する場所と化していた。

捕らえられたと思われる探偵がどのような待遇でいるのかは知らないが、どちらにしても消息は掴まなければならない。

随分しっかりと警備していたようだが、私とパイパーの敵ではない。奥に進んで行くと、電子ロックされた部屋に男が1人でいて、これが探偵なのだと気付いた。

トリガーマンから奪ったパスワードで部屋の鍵を開けると、その彼は安心したかのようにタバコを吸い始めた。

画像


ん……? 人間…ではない?


彼はニック・バレンタインと名乗った。職業は探偵だ。2週間閉じ込められていたそうだがどうやら無事のようだ。
ところどころ破れた皮膚(?)のようなものの隙間からケーブルを束ねたようなものが見える。

私が興味深くニックを覗き込んでいると、しぶい声で、そんなに人造人間が珍しいかと笑いながら話してきた。

なるほど……だが、人造人間と言えば人間と見分けがつかないほどのクオリティだと思っていたが、ニックのように一目でそれと分かる場合もあるのだな。この件については落ち着いたら聞いてみよう。今はここから脱出することだ。


ニックによると、トリガーマンのボスに、ある家庭の娘が誘拐されたとの依頼を受けてニックが捜査したはいいものの、実は娘はボスの「女」になりたいがために近づいただけだったのだ。ニックは、娘に翻弄されてトリガーマンに囚われるはめとなってしまった。ボスはニックをすぐには殺さなかった。が、後ほどバレンタイン事務所宛てに身代金を要求したかもしれない。

そんな話をニックから聴かされながらパークストリート駅の出口に向かっていると、トリガーマンに通せんぼされた。

画像


ボスはニックに腹を立てていた。助っ人である私とパイパーとで駅構内とVault114のトリガーマンをあらかた射殺してしまったからだ。

私はボスの女に自宅に戻るように説得した。ニック、私とパイパーにここまで攻め込まれてしまっている現状を鑑みたのだろう、彼女はボスと別れて自宅に帰ることを宣言した。

ボスはこのことを悔しがったが、私の武装を見て状況が不利であるとも悟ったのだろう。

画像


吐き捨てるようにボスはここからニックが出る事を了承したのだった。


ニックは、私とパイパーに礼をいい、ダイアモンドシティに戻ったら、ショーンの捜索について話し合う事を約束してくれたのだった。


----------

メインクエスト、もう少し進めようと思います。それによりサブクエストの種類も変わってくるので、LVアップにも役立つと思っています。


やられた回数
今回0回
累計74回

フリーズ 
今回0回
累計1回

アプリケーションエラー
今回0回
累計4回

リロード
今回0回
累計2回

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Fallout4 SURVIVAL日記 #081 探偵の消息を追う e(config)#ccie enable/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる