e(config)#ccie enable

アクセスカウンタ

zoom RSS Fallout4 SURVIVAL日記 番外編 Result

<<   作成日時 : 2018/02/12 23:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Fallout4での3周目のプレイを難易度SUAVIVALで行いまして、見事見事クリアいたしました。

それで、今回はPip-Boyのデータを見ながらプレイを振り返っていきます。

1.終了時レベルとSUAVIVALの証拠
画像


今回の終了時LVは106でした。1周目(NORMAL)はLV57、2周目(HARD)はLV63でしたので、随分長くプレイしたことになります。

なお、難易度SUAVIVALの証拠は、画面左上の水滴のマークです。これは喉の渇きによる疲労を表していて、その体調の変化はSUAVIVALでのみ現れる内容となっています。

なお、SUAVIVALでは一度他の難易度にしてしまうと二度とSUAVIVALには戻せなくなるので、SUAVIVALでプレイしてきた証拠なります。


2.総プレイ時間等
画像


経過した日数が、301日となっていて、このゲーム内での1時間は実時間の3分に相当するので、単純計算で、301×24×3=21,672分となります。

ただし、ゲーム内で寝た時間が3666時間と、待機時間が91時間あって、これはほぼ時間がかかっていないので、
(3666+91)×3=11,271分、

つまり、21672 - 11271 = 10,401分となるので、これを60で割って約174時間となります。

ということで、3周目のプレイ時間は174時間で、あれそんな多くない(多くないのか…w)という印象です。

でも、もしヌカワールドにも取り組んでいたら、きっと200時間いってましたね。

174時間でLV106ということは、難易度SUAVIVALでもらえる経験値はかなり多いということになるようです。


3.食べた食料、服用した薬
画像


2周目では食料は210個食べているのですが、それからすると約7倍もの消費となりました。
これはSUAVIVALでは食べないと飢えてしまってステータスに影響が出てしまうからです。

スティムパックは2周目の444個から今回は310個なので、これは腕が上達した結果ということでしょう。

薬物は、2周目の104個から今回は442個で、とにかく使いまくった印象がありますw
そのほとんどが、サイコジェットとバフジェットで、そのどちらも薬物としてはかなりヘビーな代物なので、「ジャンキー将軍」と呼ばれても仕方ないですw
原因は、この難易度では敵がかなり強いのと、主人公がすごく弱いからで、しかも敵にやられてしまうと、最後に就寝した場所まで戻ってしまうという鬼仕様なので、どうしてもやられたくなくて、薬物で自分を強くして戦ったからです。

ジェット系は、時の流れを遅くするので、これによってプレイの難しさが緩和された感はあります。もし薬物を全く使わない縛りでプレイしたら、ものすごく難しくなってしまうと思います。


4.SUAVIVALでのプレイ日数とLV
画像


Levels Survivedは105で、これはSUAVIVALでクリアしたLVとなります。このゲームではLV1から始まるのでLV106で終了した場合は105となります。

Days Survivedは301で、これは上記1.の内容と一致します。なので、ゲーム開始時からずっと難易度をSUAVIVALでプレイしてきた証拠となります。


5.使用武器の傾向
画像


難易度SUAVIVALでは、持ち運び総重量が他の難易度よりも100少なく、さらに弾丸にも重量があるため、重い武器、重い弾丸はほとんど運用できませんでした。

2周目までは、ミサイルランチャーを持ち運んでいたのですが、今回は武器よりもミサイルが重くて全く利用できなかったです。ランチャー系は全然使っていません。

手頃な重さ、使いやすさという点では.45が優秀すぎました。5.56mmも武器としては優秀なのですが、なにしろ銃も弾も重いために途中からは使わなくなりました。
レールライフルは強力でいい武器だったのですが、レールスパイクが10本で2(ポンド)というとんでもない重さだったために、この武器も使わなくなりました。

伝説系の武器は、今回は、「無尽蔵」がよくでました。


6.使用アーマーの傾向
画像


パーツごとのアーマーは重量が重くなりがちなので、パーツ系のアーマーはコンパニオンによく着せてました。いいアーマーだと敵にやられることもなく、これはいい方法だと思いました。
パワーアーマーは、フュージョン・コアが安定して入手できるようになったのがLV50辺りからのため、運用もその辺りからとなりました。
パワーアーマーを使っているときは、ほとんど敵にやられませんでした。今回は74回敵にやられてますが、そのうちのほとんどはパワーアーマーで探索していないときです。


7.同行コンパニオン
画像


エイダがとにかく役に立ってくれました。特にパワーアーマーを着ていないときには、敵の1回の攻撃でも即死もありうるので、強いコンパニオンでなければ探索の旅は続けられませんでした。
ただし、エイダにも弱点はあって、とにかく高所が弱いです。すぐに高いところから転落して修理が必要になるのですが、1〜2分以内に修理しないと拠点のどこかに帰ってしまうので、万能ではないです。それでも有難い存在ではありました。
今回は、ニックとは探索しなかったです。2周目まででたっぷり付き合ってもらっていたので。
コンパニオンの中には3周目でも連れていけなった人が何人かいたので、もし4周目をいつかするときは、彼らとも旅をしてみたいです。


8.メイン拠点の遷移
画像


難易度SUAVIVALでは、ファスト・トラベルができないので、今回探索のメイン拠点にした場所というのは、1周目2周目とは全く異なることとなりました。

サンクチュアリ・ヒルズがメイン拠点だったのはほんの序盤だけ、というのがかなり印象的です。その代わりに、マップの東西の中央にあるドライブイン拠点がかなり重宝しました。ここは広いので何をするにしても便利でした。
連邦北東のカウンティー・クロッシングは何気に連邦での移動でとにかくよく利用しました。河川に近いというのも大きいです。
ファスト・トラベルができない代わりに、高速で泳げる主人公は河川や海をショートカットとして活用していたのですが、その中心にはこの拠点がいた感じです。

キャッスルは、連邦南部での探索でよく利用しました。ここも海に面しているのでかなり便利でした。

今回はB.O.S系のクエストを中心に進めたので、ボストン空港も、ベルチ・バードと組み合わせて利用していました。


9.全体を振り返って
ゲームとしてのこの難易度は、相対的には中程度というところです。ココイチのカレーの辛さでいえば5辛くらいです。でも5辛って結構辛いですよ。私はこの辛さが限界です。
なので、初プレイで難易度SUAVIVALに挑戦してしまうと、序盤でもう心が折れてしまうかもです。
特に、ベセスダのゲームは、フリーズとか強制終了が発生してしまうので、むしろそっちで心が折れてしまうかもしれないです。他の難易度なら基本的にいつでもどこでもセーブできるので、フリーズ時の被害は少なめなのですが、SUAVIVALでは探索を数十分やって帰宅中に強制終了するとかあったので、実に辛かったです。
なので、敵とフリーズ系の両方でひやひやしながらプレイという、ある意味刺激的なプレイになりました。

なお、下記の掲示板(外部サイト)には、多数の111の猛者達がSUAVIVALについて語っているので、ご参考までにどうぞ。
Fallout4 大辞典 - Suavival(難易度)

3周目をクリアしてみて、やはり今回も大満足でした。繰り返しプレイしても飽きないって、このゲームは本当にすごいです。マサチューセッツ州と都市部のボストンの作りこみはかなりのものなので、アメリカの地理に詳しくなりたい人はもってこいのゲームです。私も今回出てきた地名でいろいろ調べてマサチューセッツ州とボストン市内についてかなり詳しくなったと思います。

Fallout4はもちろんのこと、Falloutシリーズはどれも非常に面白いので、ぜひこのシリーズをプレイしてみてくださいね。


10.難易度SUAVIVALのプレイ例

他の方がこの難易度で実況プレイしている動画が上がっていますので、ご参考までにどうぞ。

1.


2.


3.
https://www.youtube.com/watch?v=xyKa71yw_L8&index=4&list=PLDME2Me7NN50TUm5PAazOEV73PCC_Xu8L

4.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Fallout4 SURVIVAL日記 番外編 Result e(config)#ccie enable/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる